ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「海苔を消化できる」のは、日本人だけ!では、外国人は…?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「海苔は消化に悪い」。
こう言われてもにわかに信用できないだろう。しかし、これは多くの外国人にとっては定説のようだ。それを裏付けるように、海苔を消化できるのは「世界広しといえども日本人だけ」という、 お驚きの事実が米国立バイオテクノロジー研究センター(NCBI)が発表した調査結果に記されている。日本人の腸内にしか存在しない腸内バクテリアがいるというのだ。

仏パリのピエール・エ・マリー・キュリー大学の微生物学研究チームが、2010年に『Nature 』誌に発表した論文によると、 ゾベリア・ガラクタニボランという海洋性バクテリアは、海藻に含まれる糖分を分解する力を持っているそうだ。しかも、この舌を噛みそうな名前のバクテリアは、日本人の腸内からのみ検出されることが分かった。

Los Angels Times」の記事の中で、ロスコフ大学生物学研究所のMirjam Czjzek氏は「腸内細菌が遺伝子レベルで酵素をつくりだすよう指示を出し、働きかけているから」  と、この謎への答えを示している。

実際、日本では海苔やワカメなどの海藻類が食卓にのぼる機会が多い。『大宝律令』には、朝廷への献上品として海藻が登場するほど歴史も古く、日本人は8世紀頃より海苔を食してきたと考えられている。その結果、元来消化できないはずの海藻を日本人だけが消化できるようになったというわけだ。「消化酵素を生み出す腸内細菌を、自然に体内に取り込むこととなったのではないか」。これが Czjzek氏ら研究者たちの見解だ。

さて、日本人以外も当然海苔を食べる機会はある。あくまで消化ができないというだけの話。日常生活レベルでの差異はなにもない。ただ、翌日の彼らのトイレが真っ黒になる可能性はあるかもしれないが。

Reference:National Center for Biotechnology Information , Nature Publishing Group Los Angels Times

 

関連記事リンク(外部サイト)

究極のデトックスパワーは凍らせて引き出す!「冷凍レモン」は乳がん予防にも?
「摂氏38℃」体温でも溶けない新チョコレートの開発競争。地球温暖化対策にも?
「スイカは塩より黒コショウ!?」食べたらハマる衝撃の組み合わせ8選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP