ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安部首相が気にした「戦後70年天皇談話」に関し浮上した説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 戦後70年の8月15日、天皇皇后両陛下は強い覚悟をお持ちになって、『全国戦没者追悼式』が執り行われる日本武道館を訪れていた。臨席された両陛下の緊張感は、会場全体を包み込んでいた。

 陛下は毎年、追悼式で戦没者の冥福を祈り、遺族の悲しみに寄り添うおことばを述べられている。そして今年、安倍首相の式辞が終わり、1分間の黙祷を捧げた後、陛下はこうおことばを続けられた。

「先の大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」

 戦後50年だった1995年以降、おことばは、ほぼ同一のものだった。しかし今年は、初めて「深い反省」に言及するなど、例年より踏み込んだ内容に大きく変えられていた。今年のおことばには大きく4か所の文言が追加された。「戦争による荒廃からの復興、発展」、「平和の存続を切望する国民の意識」、「戦後という、この長い期間における国民の尊い歩み」、「先の大戦に対する深い反省」──。

「このおことばは直前まで陛下が何度も何度もご自分で推敲されていたようです」(宮内庁関係者)

『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』(小学館刊)の著者・矢部宏治氏は、陛下のおことばの真意をこう推し量る。

「これまでほぼ同一だった追悼式のおことばがここまで大きく追加されたことは、きわめて異例のことです。これは、現在の安倍政権が意図する方針、たとえば安保法案の強行採決などに対し、陛下が強い懸念を表明されたものだと私は思います」

 昨今の政治状況に対しての危惧を、政治的な発言が許されない「象徴天皇」という立場ながら、ギリギリ許されるおことばを述べられることに、これまでにない緊張感があったのではないだろうか。

 追悼式典の前日、安倍首相は戦後70年談話、いわゆる「安倍談話」を発表した。安倍首相はもともと、安倍談話によって戦後日本の歴史認識を転換すべく、「(過去の談話と)同じことをいうなら出す必要はない」と意気込んでいた。ところが、いざ明かされた内容は、戦後50年の「村山談話」、60年の「小泉談話」を継承するもので、当初は言及しないと目されていた「植民地支配」「侵略」「反省」「おわび」などの文言も盛り込まれたものだった。官邸関係者が言う。

「方針転換の一因には、最近の両陛下のご動向を安倍首相がしきりに気にしていたことがあります。両陛下が慰霊の旅や平和への祈りを精力的に続けられてきたことを安倍首相はもちろん知っていますし、陛下に負けないほど強い思いを美智子さまがお持ちになっていることも理解しています。両陛下の平和への強い思いに首相の心が動かされたのかもしれません」

 そして、安倍談話を巡っては、こんな話も浮上していた。

「追悼式典のおことばとは別に、陛下が戦後70年に際しての“天皇談話”を発表されるという噂が、官邸周辺でまことしやかに流れました。その内容は、戦争の反省と平和を強く訴えるものだと囁かれました。安倍首相はその内容を非常に気にしていました。自身の談話が村山・小泉両談話とは一線を画し、戦争の反省一辺倒から離れた談話を出したいと考えていただけに、もしその天皇談話が発表された場合、自身の談話の内容と乖離しているのには問題があると考えてもおかしくなかったんです」(官邸関係者)

※女性セブン2015年9月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安倍談話 会見3時間前の「官邸vs宮内庁」緊迫攻防の真相
SAPIO人気連載・業田良家氏4コマ「例え話国会」
安倍談話と真逆の天皇談話出れば国際的には上位の声明となる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。