ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チーム牽引するSB柳田悠岐 球史を振り返っても桁違いの活躍

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本一連覇を目指してパ・リーグ首位を独走する福岡ソフトバンクホークス。開幕以来、不動の3番打者としてチームを牽引してきた柳田悠岐は、100試合を超えてシーズン終盤に差し掛かった現在、打率3割7分、24本塁打、23盗塁(成績は8月17日時点。以下同)。このままいけばシーズン終了時点で打率3割超えは確実、34本塁打、33盗塁となるペースで、2002年の松井稼頭央(当時西武、現楽天)以来13年ぶり、史上9人目の「トリプルスリー」が現実味を帯びる。

 それだけではない。打点は現在74を記録し、これはシーズン101打点となるペースだ。「トリプルスリー+100打点」を達成すれば、1950年の別当薫(毎日)、同年の岩本義行(松竹)以来、史上3人目の偉業となる。

 さらにこの4部門に加えて、現在24本の二塁打を30本の大台に乗せれば、史上初の快挙となる。入団5年目の若鷹、柳田はプロ野球始まって以来の偉業に挑んでいるのだ。

 トリプルスリーは三冠王よりも難しいといわれている。あの長嶋茂雄でもデビューの1958年に本塁打29本で記録達成を逃したきり、その後はチャンスがなかった。

 過去の達成者には秋山幸二(西武)、金本知憲(広島)ら走攻守三拍子揃った名プレーヤーが名を連ねる。柳田はその仲間入りをしようとしているわけだが、成績を検証すると、彼はその中でも桁違いの存在であることが浮かび上がる。

秋山幸二(西武):1989年、27歳、外野手:本塁打数31、盗塁31、打率.301
野村謙二郎(広島):1995年、29歳、内野手:本塁打数32、盗塁30、打率.315
金本知憲(広島):2000年、32歳、外野手:本塁打数30、盗塁30、打率.315
松井稼頭央(西武):2002年、27歳、内野手:本塁打数36、盗塁33、打率.332
柳田悠岐(ソフトバンク):2015年、26歳、外野手:本塁打数34、盗塁33、打率.375
※柳田の成績は143試合終了時点での予測値

 よりわかりやすく柳田の成績を吟味するため、「RC」という指標を用いた。RCとは安打、本塁打、盗塁、犠打などを加味して、その打者がどれだけの得点を挙げたか個人の総合得点能力を表わす指標だ。これを基に1人の打者だけで1試合(27打席)したと仮定した時の得点を示したものが「RC 27」である。RCとRC27について前掲の選手の成績で比較する。

秋山幸二(西武):RC・102.6、RC27・7.74
野村謙二郎(広島):RC・117.1、RC27・8.12
金本知憲(広島):RC・115.15、RC27・8.83
松井稼頭央(西武):RC・135.71、RC27・8.89
柳田悠岐(ソフトバンク):RC・150.929、RC27・11.43
※柳田の成績は143試合終了時点での予測値

『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)の著者で、データを分析した広尾晃氏が解説する。

「RCは100を超えると一流といわれますが、柳田は150を超えると予測され、球史を振り返っても桁違いの活躍であることがわかります。RC 27も唯一の二桁である11点超えでこれも断トツ。セ・リーグでは山田哲人(ヤクルト)が同じくトリプルスリーを狙える位置にいますが、彼をも上回っています」

 柳田の良さはその「選球眼」にあるという。

「昨シーズンから選球眼が飛躍的に良くなって、三振が減って四死球、本塁打、安打が増えている稀有な選手です。守備力もずば抜けており、メジャーでいう『ファイブ・ツール・プレーヤー』。ミート、長打力、走力、肩力、守備力すべてが揃った選手になっています」(広尾氏)

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
門田博光氏 柳田、中田、森友哉の「フルスイングの壁」指摘
甲子園ラガーさんVS偽ラガーさん騒動 本物側にも言い分あり
清宮幸太郎 1日2リットルの牛乳を飲み、最低おかわり3杯

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP