ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【神業】ソフトテニス・井口選手のゼロ距離フォロー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2010年、東日本ソフトテニス選手権大会でのワンシーン。当時、日本体育大学4年生の井口雄一(尽誠学園出身)が魅せた神プレーが話題だ。
クロスラリーの途中で相手の前衛がポーチボレー出てくる。その瞬間、井口選手はボールの軌道を読みラケットを出し、相手のボールをほぼゼロ距離でコートに沈めてしまったのだ。

この何気ないプレーだが、これは思わず当たってしまったのではなく、ボールのコースを予測してラケット面を作り、的確なタイミングでラケットを出したのだ。
この突然の好プレーに会場はざわつくも、いつも通りの動きと言わんばかりの落ち着きをみせる井口選手。これからも彼の活躍から目が離せない。

(Written by 山岸)

【Nicheee!編集部のイチオシ】世界の名ラグビー選手が「メン・イン・ブラック」に! ニュージーランド航空の機内安全ビデオ
【甲子園の女神】津商の女子マネージャーが美人でカッコいいと話題!
ネットで話題!高校球児と警察官の、ちょっといい話

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP