ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

四季の富士山をかたどる冷麺

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月20日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、午前09時28分~)では、暑い夏にこそ食べたい、暑気を吹き飛ばす冷たい麺のグルメを特集し、レポーターのにしおかすみこさんが「揚子江菜館」(東京都千代田区)を訪れた。

同店は、創業明治39年の老舗上海料理店。
にしおかすみこさんがここで味わうのは、冷たい麺の代表格ともいえる冷やし中華。このお店ではもともとまかないとして出していたのものを、後に「五色涼拌麺」としてメニューに昇華させたのだという。

「五色涼拌麺」はその名の通り、色とりどりの具材が麺を隠すほどに盛られたメニューで、その姿は富士山の四季をモチーフにしているのだという。雲をあらわしている錦糸卵の中には肉団子とうずらの卵が隠れている。遊び心もたっぷりだ。

たまご麺をすすりこんだにしおかすみこさんは「あまだれの酢と野菜の水分がまじりあってちょうどさっぱりです!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:揚子江菜館(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:神保町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:神保町×中華のお店一覧
こだわりの絶品グルメバーガー
先代から受け継いだデミグラスソースの味・とろける「煮込みハンバーグ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP