ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さすがのデッサン力!浮世絵師 歌川国芳の努力が伺える直筆デッサン画がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

言わずと知れた江戸時代の浮世絵師 歌川国芳。独創性のある作品、斬新な構図の作品を数多く残し、当時でもひとり飛び抜けた才能であったことは間違いないでしょう。

そんな歌川国芳はデッサン力の高さにも定評がありますが、それを裏付ける国芳芝居草稿というものが残されています。これはいわゆるクロッキーブックやアイデア帳のようなもので、彼の日々の努力が伺えるものとなっています。

国芳芝居草稿がこちら。

歌川国芳「国芳芝居草稿」 参照: 太田記念美術館

ところ狭しと役者たちの様々な立ち居振る舞いがデッサンされています。一つ一つ細かく見ていくと時間を忘れてしまいます。

奇想の絵師として人気を得ていた彼もこういったデッサンを日々描き技を磨いていたんですね。無類の猫好きの彼のことですから、かたわらで猫がすやすやと昼寝でもしていたのでしょうか。

歌川国芳展が2015年8月30日(日)まで横浜のそごう美術館にて開催中ですので、このアイデア帳を見た後に彼の有名な作品を見てみるとまた違った捉え方ができて面白そうですね。
型破りな絵師 歌川国芳!クールで愉快な国芳ワールド炸裂「浮世絵師 歌川国芳展」開催

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

型破りな絵師 歌川国芳!クールで愉快な国芳ワールド炸裂「浮世絵師 歌川国芳展」開催
キモカワ擬人化!7月9〜10日の「浅草寺ほおずき市」にちなみ歌川国芳「ほおづきづくし」を紹介
まさに江戸時代のマンガ!浮世絵「化物忠臣蔵」がユーモアあり毒ありでオモシロ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP