ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重さわずか85g!iPhoneを充電できる超スリムなケースに注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhoneをケースに入れて使用している人は多いが、そのケースにバッテリーが加わった「ThinCharge」が登場した。

「ThinCharge」は、バッテリー機能を搭載しているにもかかわらず、わずか1.25cmという薄さが最大の特徴だ。

・重さわずか85g

バッテリー付きのケースそのものは珍しくない。しかし難点は、装着するとゴツくなってしまうこと。

ThinChargeは、スマホに装着した状態での厚さが1.25cm。

ケースの重さもわずか85gと、開発を手がけたカルフォルニアのスタートアップは「世界最薄&最軽量」をうたう。

・iPhoneバッテリーが倍に

バッテリーの容量は2600mAで、iPhone 6をフル充電できるとのこと。

iPhoneのバッテリーが少なくなってきたら、ケースについたボタンを押すだけ。

もちろん、ケースを装着しながらでもカメラやスピーカーなどは普通に使える。

充電は、スマホに使うケーブルで。ケースを装着したままケーブルにつなげると、まずスマホ本体を先に充電し、完了したらケースの充電が始まるようになっている。

・今なら半額の59ドル

このケースのプロジェクトは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集していて(9月27日まで)、59ドルから入手できる。

すでに目標額を達成し、商品化はほぼ確実となった。

予定小売価格129ドルのほぼ半額で、興味のある人は今がおトクにゲットできるチャンスだ。

ThinCharge/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP