ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IIJmioが通信マニアに人気があると言われる理由とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

格安SIMを提供するMVNOの中で、IIJは「通信マニアに人気」と言われます。求める要求が独特かつ厳しい人たちの心を掴む秘密を検証してみます。
IIJは「インターネットイニシアティブ」の略ですが、直訳すると「インターネット最先鋒」。その名のとおり日本で初めてインターネットプロバイダを開始した老舗中の老舗。NTTも資本参加している硬派で技術志向なインターネットプロバイダです。

インターネット接続といえば昔はダイヤルアップでしたが、その後ADSLや光(フレッツ回線)が登場して接続形態は変わっても「家庭とバックボーンをつなぐ回線事業者(キャリア)」と「バックボーンからインターネットへの接続を請け負うインターネットプロバイダ」という分業で成り立っています。変化してきたのはキャリアの部分だけで、インターネットプロバイダの仕事はほとんど変わっていません。

これは、MVNOも同じ。キャリア(MNO、携帯電話キャリア)と、インターネットプロバイダの分業で成り立っています。だからこそ、長く培ってきたプロバイダとしての技術やノウハウが活きることになります。

 

事実、IIJのMVNO、IIJmio高速モバイルは各種の回線品質や速度、満足度のランキングで常に上位。ほとんどのMVNOが同じキャリアを使っている以上、差が出るのは「プロバイダ」部分です。その部分に対し確固たる技術力を持っているため、安定した品質を支えていると言えるのではないでしょうか。

また、そうした技術は他のMVNOにも人気で、MVNO支援サービス(MVNE)として、多くのMVNO事業者に回線や技術を貸し出しています。おそらく回線数規模としては日本最多クラスで、支援先からの高い信頼があるからこその結果だと言えます。IIJとしても、このことから受ける恩恵は少なくありません。

MVNOはちょっとした人気や話題で利用者が増えたり減ったりが激しいですし、データ量もめまぐるしく変わります。そんな時、たくさんの事業者の支援をしていれば、ピーク時のデータ量をさばくために、他の事業者よりも多くの装置を導入していても、コストをシェアしてネットワーク運営費を少なくできるのです。

IIJが幾度も他社に先んじて実質値下げ(データ増量)が出来てきたのは、こうした低コスト運用の知恵があったからではないかと予想します。

もちろん安いだけではありません。たとえば、低速になった後も、データ読み込みの最初だけ最大速度が出せる「初速バースト」。技術的に簡単そうに見えて結構運用が難しい、とびきりのマニアック技術で、IIJの技術志向っぷりがよく現れたサービスです。

 

IIJファンとの交流イベント「IIJmio meeting」や公式ブログ「てくろぐ」において、自らの知見を惜しみなく提供しているのも、マニアを惹きつけてやまない理由ではないでしょうか。iPhoneの最新OS(iOS8.0以上)がMVNOで安定しない秘密をいち早く分析して解決法まで公開したことも好印象です。

こんな技術集団IIJだからこそ、これからの新たな技術導入への「期待買い」も多いのかもしれません。IIJが発信する情報や、新たに提供するプランは今後も注目です。

(文:記者 M)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP