ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Interview】5分以内で行ける場所がすぐ見つかる!便利な場所検索アプリの全容

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
pathee_1

知らない町を歩いていると、コンビニやカフェがどこにあるのか、すぐにわからないときがある。

そんなとき威力を発揮するのが、「Pathee(パシー)」だ。

今いる位置から、徒歩5分圏内にある場所をさっと検索。

ニーズに応じて、行きたい場所の情報を、手早く提供してくれる、便利アプリである。

今月初頭に、全面リニューアルを決行。より使い勝手が良くなった本サービスについて、運営元のtritrue(トライトゥルー)、代表、寺田 真介(てらだ しんすけ)氏が語ってくれた。

・リニューアルで機能を大幅にアップデート

Q1:まずは、「Pathee」開発のきっかけと経緯から、お聞かせください。

pathee_2

「Googleでは、見つけたいものが見つからない」という気付きが、きっかけです。(中略)

「今の検索は使いにくい」というストレスがあったので、「それなら、自分たちで作ってしまえ」という話になり、「Pathee」の開発を開始したのが、2013年の春。

そこから試作と検討を繰り返し、2013年12月に、ウェブ版「Pathee」をリリース、iOSアプリの「Pathee」は、2014年の5月にリリースしました。

Q2:前バージョンからどのように変わっているのか、教えていただけるでしょうか。

pathee_3

最初のアプリリリースから1年間は、バグ改修以外の大きなアップデートは行わず、検索エンジンのインフラ側の開発、改善に注力していました。

そのため、今回のリニューアルには、1年分のエンジン側の機能追加+改善が、積み込まれています。

まず、当初のアプリが、検索したウェブ情報と場所を提示するだけだったのに対し、リニューアル版では、店名、写真、お店の評価など、さまざまな情報を、検索結果として表示しています。(中略)

2つめは、ユーザから要望の多かった“指定した位置を起点に検索”する機能を、実装している点。(中略)

最後は、HERE機能(β)の実装です。こちらは、今の時間や場所に応じて、適切な情報を能動的に、ユーザーへ配信する機能です。

・使うほどに能力が増すアプリ

Q3:開発にあたって最も苦労したのは、どんなところでしょうか。

UIをブラッシュアップするのに、かなりの時間をかけています。

アプリやUIの専門家が社内にいないという、根本的な問題があるので、これに関しては、シロウトが自分たちのアプリを含む、いろいろなアプリを使い倒して研究して、どうあるべきかをブレストしながら進めています。

作ってみた後に「これじゃなかった!」ってなることが結構あり、苦労しました、というよりは、今でも苦労しています。

Q4:リニューアル後の展開について、教えてください。

pathee_4

アプリ開発では、HERE機能(β)の開発がメインになります。

HERE機能の最終目標は、“ユーザーが検索しなくても、ユーザーが欲しい情報を配信すること”なので、今後、こちらにさまざまな情報が、表示できるようになる予定です。

「Pathee」は、インフラ側の情報量が増えたり、整理される情報が変わることで、使い勝手がよくなるアプリです。

アプリ以外に、検索エンジンとしての性能向上にも、注目していただけるとうれしいです。

外出時のちょっとしたニーズに対応する「Pathee」。

生活をより便利にするために、ぜひとも利用してみたい。

Pathee

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。