ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お金が使えないフェス!?自由と自己表現がテーマの「バーニングマン」が日本開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フェス上級者の間ではおなじみの、毎年アメリカ・ネバダ州で開催される「Burning Man(バーニングマン)」にインスパイアされ、スタートした「Burning Japan(バーニングジャパン)」が、今年も帰ってくる。

このフェスティバルの根底に流れるのは“自由な精神”。

今年は「100年後の仮想世界」をテーマとし、“お金が使えない”というルールのもと、約4日間にわたって音楽やアート、人々との交流を楽しむイベントとなっている。

このフェスでは、誰もが主人公。

自由に楽器を奏でたり、DJをしたり…また料理を振る舞ったり、踊ったりしながら、自分を表現することを楽しんでほしいという。

ただしこの場所では徹底的な自己責任も要求されるため、基本、フェスを楽しむために必要なグッズは自分たちで準備し、帰りはゴミひとつ残さない状態で、会場を後にしなければならないというのもお約束だ。

通常の野外フェスと比べると、かなり異色なこちらのイベントだが、いちどはまるとその開放感がクセになるという噂も!?

バーニングジャパン」は、8月19日21時より先行チケット(6800円)が発売開始。

その他チケットの発売スケジュールや、イベントに参加する上で必要な“サバイバルガイド”など、現在オフィシャルサイトにて公開されているので、興味が湧いてきた方はこちらをチェック!

Burning Japan 2015
開催日時:9月19日(土)12:00~9月22日(火・祝)12:00
会場:岩船山中腹採石場跡地 (栃木県栃木市岩舟町畳岡)
http://burning-japan.com/

イベント(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP