体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎朝、起きた時に思い出したい!「人生に大切な11のこと」

11-remind01

「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」
アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)

Elite Daily」にライターのPaul Hudson氏が書いた毎朝起きた時に思い出したいこと。その11項目には、自分らしく生きるためのヒントが隠されています。

11-remind02

 01.
選択する権利は
すべて自分にある

なぜ私たちは、無力感を感じてしまうことがあるのでしょうか。それは、自分を納得させるための言い訳かもしれません。まるで配布資料が配られてくるように、何かが与えられることを待っているのです。でも、人生に正しい配布資料なんてありません。したいことがあるなら、自分で実現しましょう。
そして今日から始めるのです。今日がよい日かどうか関係ありません。天気や気分によって左右されるものでもなく、外的要因も関係ないのです。
素晴らしい1日をつくるのは、他でもない自分なのですから。

02.
結果なんて
大切じゃない

11-remind003

私たちはみんな、大きなことを実現したいと思っています。でも、何かを達成することは偉大なのでしょうか?
偉大になるということは、日々を戦いながらよい1日を作り上げていくこと。
大切なのは自分が好きなように生きるために、毎日努力し続けること。結果ではなく、状態のことなのです。
勝利を求めるのではなく、常に満足していることを意識しましょう。

03.
失敗しない唯一の方法
「諦めない」

奮闘している時、このように考えると少し安心するのでは?実際、何かをやり続けることは至難の技。ほとんどの人は、始める前に諦めてしまうのです。でも挑戦している人は違います。

目を覚ますと、大変な1日がはじまります。諦めず、現状に逆らいながら泳ぎ続けるのです。失敗を受け入れず、他人から「あなたにはではない」と言われても耳を傾けません。自分を信じて挑戦する人は、敗者ではありませんよ。

04.
人生でやるべきは
「やりたい」と思うことだけ

11-remind00kr3

余計なものはすべて捨てましょう。人々はしたくないこともすべきと言いますが、それはウソ。
毎日毎秒、自分のやりたいことができていないなら、それは間違った生き方なのです。
確かに、私たちが行うことすべてが楽しいとは限りません。その時に必要だと思うからやることもしばしば。ただ、この時に必要なのは楽な道を選ばないこと。

05.
与えられる人生から
自分で切り拓く人生へ

人生にはコントロールできないこともありますが、逆も然り。自分の人生は自分でデザインするのです!あなたは、今までの選択の積み重ねでここにいるのです。
人生はコントロールできないと諦めるのは、怠惰で臆病な証。そういうことを考える人は逃げたいだけなのです。

06.
大切な人は
とても少ない

あなたにとってほとんどの人は、重要ではありません。このことをよく忘れてしまいがち。そして、間違った人たちに自分の人生を蝕まれてしまうのです。
よくない人に出会うこともあります。特に、あなたが大企業で働いている場合や、人口密度の高い地域や職場にいるとなおさら。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。