ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グラノーラ風から甘いやつまで! 日本が誇る万能ごはんの友「ふりかけ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キリンさんが好きです。

でも、ふりかけのほうが、100倍くらい好きです。

つきあって5年目のカップルぐらい、そばにいるのが当たり前になりすぎて気づいてないだけで、実はすごいやつなんですよ、『ふりかけ』。

筆者は、ジャリジャリになるくらい大量のふりかけをごはんにかけるのが好きで、小学生の頃はおやつにふりかけごはんを食していました。

最近は海外でも注目され「なんてうまいんだ!」と驚く外国人も続出しているらしい。そうなんですよ、携帯もできて、日持ちもして、栄養補給にもなって、なんたっておいしい!

みんなも、ふりかけの素晴らしさを改めて感じてみないか!?

ふりかけの元祖とは?

意外と知られていない、ふりかけの起源。

『全国ふりかけ協会』でふりかけの元祖として認定されているのが株式会社フタバの「御飯の友」。大正初期の熊本で、食糧不足の日本人のカルシウム不足を懸念した薬剤師の吉丸末吉氏が「魚を骨ごと細かくし、美味しく味付けをして御飯にかけて食べべる」製法を考案したのだとか。

吉丸さん、大発明ありがとうございます!!

 

そうして生まれたのがこの「御飯の友」。湿気ないように、瓶詰にされていたのだそう。

※写真は復刻版

今では、携帯にも便利なビニールパッケージに進化。熊本県民の食卓には欠かせないふりかけとなっているのです!

こういうベーシックな魚系のふりかけって間違いなくおいしいですよね。この「御飯の友」をルーツに、最近はもっとバラエティ豊かになっているふりかけたちをご紹介します。

苦手な人こそ食べるべし、いなごふりかけ!


いなごふりかけ(佐藤商店)

ご当地ふりかけを探していた時に見つけた、このふりかけ。これ、うまいです。

じつは、いなごが苦手な筆者…。でも、「ふりかけなら食べられるかも!」と、思い切って購入。                

しっかり、原材料名に『いなご』の文字。

中身をあけたら、いなごが出てきたらどうしよう…なんて心配は無用!

いなごは跡形もなく粉砕されているので、見た目がダメ、という人もご安心を。

味もいなごというよりも、魚粉のような香ばしさ(といってもいなごを食べたことないんですけど…)とほんのり梅味で、とっても上品です。 

製造者の方に聞いたところ、山形の郷土料理のいなごが苦手な人が多いと感じ、ふりかけなら食べやすいのでは…と思いついたのだとか。

「いなご苦手でも、ふりかけなら…」ってそれ、まさに私の事やん! ありがとうございます。おかげで、いなごデビューできました。

これ、豆腐に鰹節の代わりにしてもおいしかったです! なんにでもあう、いなごふりかけのポテンシャルの高さよ。

そして、製造者の方は「昆虫食を未来へ伝えたい」という壮大な夢を語ってくれました。

いなご以外の素材も、山形産にこだわっているのだそう。

いなごに抵抗のある人にも、ぜひ食べてもらいたいです。

グラノーラをごはんにかける新発想!

ごはんにかけるグラノーラ、ごはんに混ぜるグラノーラ(ニチフリ)

グラノーラと言えば、牛乳をかけて食べるものですが、まさかごはんにかけようとは…。

見た目、ちょっと不思議ですが、味は甘辛くてごはんにあう! ふりかけるだけで、ちょっとヘルシーな玄米ごはんっぽい見た目&食感になるので不思議。

味は、甘辛くて完全にごはんにめっちゃ合います。牛乳には合いません!

粒が大きいので、歯ごたえが楽しめる。

というわけで、シンプルなサラダにかけてみました!(こちらは混ぜるグラノーラのほう)

サラダの味を薄めにすると、ほどよい塩分&甘みが加わって、ふりかけがアクセントに。

見た目のオシャレ感もUPしたし、(やったことないけど)パーティーにおすすめ!

デザートになる、甘いふりかけ

きなこちゃんと 黒ごまくん、きなこちゃんと黒みつちゃん、きなこちゃん(はごろもフーズ)

「あのね、ほんのり甘いの」ときなこちゃんが、全てを語ってくれています。

そう、甘辛が主流のふりかけですが、これは甘いんです! ごはんにかけると、きなこのかかったおはぎを彷彿させる味わい。ごはんがおやつ代わりにもなる、魔法のふりかけです。

そこで、ヨーグルトにON! これ、間違いない味ね。

最近のプレーンヨーグルトは、砂糖がついていないから、家にきなこちゃんを常備しておくといいよ。甘さがやわらかいから、筆者は砂糖よりもきなこちゃんヨーグルトの方が好み。アイスにかけたり、牛乳にまぜたり、汎用性が高すぎて、もう、手放せないよきなこちゃん!

子ども向けじゃない。攻めたふりかけ!


カラムーチョ ホットチリ味ふりかけ、すっぱムーチョさっぱり梅味ふりかけ(ニチフリ)

まず、スナックをふりかけにしようという発想のすばらしさね。

そして、味! ちゃんとポテトスナックの揚げた感じがするのがスゴイ。かといって、ポテチをそのまま潰しただけでは出せない、濃い味。ごはんに合うように計算されている!!

カラムーチョ味のほうは、見た目は普通のふりかけだけど、しっかり辛い! ふりかけで、この攻めた味は珍しい!

これを、逆にフライドポテトにかけてみる。

スーパーで買ったシナシナの味気ないポテトも、このふりかけをかけると リッチなカラムーチョに!

 味にパンチが出るから、めっちゃすすむ~~。

おつまみにもなります。

カラムーチョがあれば、もちろん、すっぱムーチョもありますよ。

ピンク~~。ピンク華やか!

こっちは梅味が強くて、夏にぴったりなさわやかさ。

これは、塩やきそばにかけてみました。

やきそばにほどよい酸味が加わってうまぁ~。食欲のない夏場は、これオススメだよ。

(試してないけど)パスタにかければ、和風の梅パスタになるよ!

ふりかけもすっぱムーチョも可能性無限大の食べ物だと再認識。

 

最近、ふりかけごはんたべてないな~という人は、ちょっとふりかけ売り場行ってみると、バリエーションがあってきっと楽しめるはず!

そして、いつもごはんにしかかけないふりかけを、ちょっと別の物にふりかけてみると、新たな発見があるかもよ!

私は、今後もふりかけをふりふりし続けることを誓います!

書いた人:M井Mほこ

 世の中酒で乗り切れると信じる、1982年生まれ。暑さのせいか、満腹中枢がくるってる。。夏バテどころか、食べても食べても食べたりないお年頃。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP