体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モーニング娘。’15 生田「絶対センター狙いたい!」宣言 鞘師による「ポゥ!」祭りや武道館2days公演発表も

モーニング娘。’15 生田「絶対センター狙いたい!」宣言 鞘師による「ポゥ!」祭りや武道館2days公演発表も

 8月19日に59thシングル『Oh my wish!/スカッとMy Heart/今すぐ飛び込む勇気』をリリースしたモーニング娘。’15。同日に川崎CLUB CITTA’ にて発売記念イベントを開催した。

モーニング娘。’15 キュートなライブ写真一覧

◎59thシングル『Oh my wish!/スカッとMy Heart/今すぐ飛び込む勇気』囲み取材

<鈴木香音 結膜下出血でも笑い誘う「ちょっと戻ってきちゃったんです」>

 モーニング娘。’15の13人は、イベント前に各メディアによる囲み取材に応えたのだが、マイナス12kgのダイエットに成功して美人になったと話題になり、今回のシングルでは工藤遥とWセンターを務めている鈴木香音(9期)は眼帯姿で登場。

 目の状態について聞かれると「結膜下出血になっちゃって、全く痛みとかはないんですけど、眼帯で隠させてもらってます」と説明しつつ、「今年に入ってから足のケガだったりインフルエンザだったりでコンサートもお休みとかしてるんですけど、本当に厄年だなと思っていて。最近頑張って「夏に向けて痩せよう」と思ってダイエットしたんですよ。で、もうちょっと痩せたいなと思って、エネルギー蓄えて運動しようと思ったらエネルギーが勝っちゃってちょっと戻ってきちゃったんですよ(笑)」という、後半は厄や不運と関係ないんじゃ……と思わせるトークで笑いを誘い、更にはダイエットの為にやっているという体幹トレーニングまで披露してくれた。

<工藤遥「つんく♂さんの一言一言って私たちにとってエネルギーになる」>

 もうひとりのセンター工藤遥(10期)は、今作のレコーディング当日にプロデューサーのつんく♂と遭遇したエピソードを。「バッタリつんく♂さんにお会いして、「今からレコーディングしてきます」って言ったら(ケータイで文字を打って)「頑張ってこいよ」ってただ一言声かけて頂いたんですけど、一言でもつんく♂さんから言われたってだけで、心の支えになって。やっぱりつんく♂さんの一言一言って私たちにとってエネルギーになるんだなって改めて思いました」

 また、今夏のエピソードについて聞かれた鞘師里保(9期)は、「モーニング娘。になって初めて家族旅行に行って、それでプールに連れて行ってもらって、昔の頃を思い出して思いっきりアトラクションで遊びまくったのが本当に幸せでした!」と子供のように無邪気に語り、牧野真莉愛(12期)は「私は日本ハムファイターズが大好きなんですけど、久しぶりに西武戦を観に行きました。(夏休みの宿題は?)ちょっとまだ……後から頑張ります」と正しく子供らしく語り、生田衣梨奈(9期/サブリーダー)は「私はひとりで大阪旅に行ってきました。ひとり旅がすごく好きで、いちご狩りとかにも1人で行くぐらいなんですけど……」と語り、何故か微笑を生んでいた。

<生田衣梨奈vs譜久村聖?「次のシングルのセンター狙っている人」>

 そんな比較的オチに使われることも多い生田衣梨奈だが、この日はいつも以上に積極的にコメント。最後の「実は次のシングルのセンター狙っている人?」の問いかけにも、誰よりも食い入り気味に「はい!」と手を挙げ、「私は最初のシングルでセンターらへんにいたのに、2枚目のシングルはまさかの端っこで、ずっと端っこのまんまなので、次のシングルこそは絶対センター狙いたいと思います!」と熱弁。しかし譜久村聖(9期/リーダー)に「でも次は記念すべき60枚目(のシングル)なので、9代目リーダーの私が」と話題をさらわれてしまい、これまた笑いを生んでいた。

◎『Oh my wish!/スカッとMy Heart/今すぐ飛び込む勇気』発売記念イベント

<アクロバットまで飛び出す迫力のパフォーマンス 鈴木も懸命に歌い踊る>

 こうして和気藹々とした囲み取材を終えると、川崎CLUB CITTA’ に集まった超満員のファンの前でミニライブを敢行。鈴木香音は眼帯をしている為にフォーメーションからサイドに外れての参加となったが、それでも動揺せず懸命に歌い踊り続ける姿は胸を打つものがあり、初めてセンターを獲ったシングルのリリイベを迫力のパフォーマンスで飾ってみせた。もちろん迫力のパフォーマンスで魅せていたのは他のメンバーも同様で、1曲目の「今スカッとMy Heart」からキレッキレのフォーメーションダンス、さらには生田のアクロバットまで飛び出すステージングでオーディエンスを熱狂させていく。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。