ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昭和世代歓喜!懐かしの熱血スポ根アニメの展覧会「スポコン展!」が開催だ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「スポーツ根性もの」略して「スポコン」。汗と涙にあふれたスポコン漫画は1960年から1970年代の、日本の高度経済成長期に絶大な人気を博しました。血の滲むような特訓。ライバルとの凄絶な闘い。主人公を襲う試練の物語は、漫画からTVアニメへと移り変わり、国民的な作品となっていきました。リアルタイムで見たことはなくても、懐かしのTV番組特集などで知ってる、という方も多いのではないでしょうか。

多くの日本人が夢中になったスポ根漫画。名作をアニメ化した「トムス・エンタテインメント」のアニメ制作50周年を記念して、「スポコン!」展が開催されます。

本展では、同社制作によるスポコンの原点とされる「巨人の星」、女子バレーボールを描いた傑作「アタックNo.1」、テニスに憧れる女子も増えた青春物語「エースをねらえ!」、社会現象化までしたボクシングの名作「あしたのジョー」の4作品を原作漫画とアニメを通じて一挙公開。

原作漫画のオリジナル原稿、初公開となるセル原画や絵コンテ、アニメーション制作資料、思い出の名場面映像などを中心に、500点超の大ボリュームの展示でスポコン!ワールドを思いっきり楽しめます。

会場デザインは、装幀の常識を覆すブックデザインで有名な祖父江慎さん。会場内には驚きの仕掛けがあるかもしれませんね。こちらにも期待が高まります。

4大「スポコン」漫画が顔を揃える本展は、全国を巡回する予定とのこと。遠方のファンにも嬉しいですね。お近くで開催の際にはぜひお出かけください。

スポコン!展

東京会場
会期:2015年8月26日(水)~9月7日(月)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料(前売り券):一般1,000円(700円)、高大生700円(500円)、中学生500円(400円)、小学生300円

スポコン展! – 松屋銀座
朝日新聞社 – 「スポコン展!」

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

浮世絵界の狂気!幕末の絵師 河鍋暁斎の名品120点「画鬼 暁斎 – KYOSAI」が開催だ!
あまりにも斬新!写仏で自分を見つめ直す婚活「おとなの悟り婚」が開催だ
また実写化か…待てよ!ひろし30歳になってる!大人になった「ど根性ガエル」いよいよ来週放送

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。