ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

低価格で高機能!旅しながら暮らせるスモールハウスが素敵すぎる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MonarchTinyHomes0

アメリカで大きな流行となっている「タイニーハウス」。

できるだけコンパクト&シンプルな家で、無駄のない生活を送るという考え方だ。

そのムーブメントは、じわじわと日本でも広がっている。

自分でもやってみたい…そう思っている方、こんな家はいかが?

MonarchTinyHomes00

 

・コンパクトながら機能は抜群

カリフォルニアに拠点を構えるMonarch Tiny Homesが開発した、極小のスモールハウス、「Twenty-Footer」。

スモールハウスといっても、電気水道などはしっかり完備。

Monarch Tiny Homes04

ロフトもついて十分な広さ。

Monarch Tiny Homes05

従来のものよりも高い断熱性のあるSIP構造を用いているから、余分な光熱費もカットできる。

Monarch Tiny Homes06

 

・嬉しい3段階の価格設定

さらに 「Twenty-Footer」の最大の特徴は価格。

壁材にリサイクルされたペットボトルなどを用いることで、4万7000ドル(約584万円)という低価格を実現。

さらに、組み立ての半分を自分で行うHalf/Halfなら2万2000ドル(約273万円)、すべての組み立てを自分で行うなら1万1000ドル(136万円)で自分の家が手に入る。

Monarch Tiny Homes07

家には車でけん引するための車輪もついているから、もちろん移動することも可能。

可愛い家で、旅をしながら暮らす毎日。

Monarch Tiny Homes08

ノマドワーカーの方は、こんな夢のような暮らし方もアリなのでは?

Monarch Tiny Homes
http://www.monarchtinyhomes.com/

住宅(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。