体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドクター・ドレーの新作、7日間でストリーミング再生2500万回を記録

ドクター・ドレーの新作、7日間でストリーミング再生2500万回を記録

ドクター・ドレーの新作「Compton」、7日でストリーミング再生2500万回を記録。初のApple Music中心のプロモーションは結果を示せたか?

ドクター・ドレーの最新アルバム「Compton」が、リリースから7日間でApple Musicで2500万回ストリーミング再生され、さらにiTunesストアでは50万ダウンロードを記録したことがアップル幹部の証言で明らかになりました。ニューヨーク・タイムズが伝えています。

ドレーが8月7日にリリースした16年ぶりとなる新作は、ドレーの元ヒップホップ・グループ「NWA」の伝記映画『Straight Outta Compton』のリリースに合わせて発表されました。ドレーはまずApple Musicの24時間ラジオBeats 1の自身の番組「Pharmacy」で、アルバムのリリースを突如発表。さらにiTunesストアでの先行配信が始まる24時間前には、Apple Musicでストリーミング配信を開始しました。そしてリリースから2週間はApple MusicとiTunesストア限定で配信し、21日から世界でCDおよび他社ストアでのダウンロード販売を開始します。

アップルのジミー・アイオヴィン(Jimmy Iovine)はComptonのパフォーマンスについて、「世界中のファンに音楽を届けると同時にアーティストを支援することに関して、我々ができることを徐々に示し始めている」とニューヨーク・タイムズに答えています。

音楽売上データを集計するNielsen Musicによれば、「Compton」は米国の週間アルバムチャートで2位でデビューし、米国だけで295,000ダウンロードを記録しました。1位に輝いたのはカントリー歌手ルーク・ブライアン (Luke Bryan)の新作「Kill The Lights」(初週345,000枚)。

この数字もドレーの「Compton」が現在iTunesのみで先行配信されているため、その他のストアでもリリースするアーティストと比べると少ない数字になる可能性があります。

ニューヨーク・タイムズは米国内での「Compton」ストリーミング再生回数は1100万回だと述べています。つまり残る1400万回は海外ユーザーによるストリーミング再生となり、これはApple Musicが一部の国に限定されない、国際的にユーザーを獲得しているサービスである証拠です。

しかし、数字の上では現代のアーティストをドレーが上回ることはできませんでした。今年3月、ケンドリック・ラマーは最新作「To Pimp A Butterfly」のSpotifyでのストリーミング再生がリリースから7日間で3900万回に達しました。またドレイクは「If You’re Reading This It’s Too Late」のストリーミング再生が4800万回に上り、ドレーの2500万回はまだまだ低い結果でした。

ケンドリック・ラマーもドレイクもSpotify以外にも複数のストリーミングサービスを使って配信し、さらに既にSNSで巨大なファンベースを築いています。

ドレイクの「If You’re Reading This It’s Too Late」はデビュー週の売上が535,000ユニットで2015年最高記録、ケンドリック・ラマーの「To Pimp A Butterfly」は363,000ユニットで2位と、2015年売上で最も成功したアルバムデビューは、2作とも音楽ストリーミングで強い人気を放つ2作となったことは、偶然とはいえないでしょう。

しかしドレーの「Compton」は、Apple Music(とiTunes)のみを使った完全にアップルのプラットフォーム中心のプロモーション戦略になります。このアプローチはアップルにとって初のチャレンジで、「Beats 1」「独占配信」「ストリーミング」「iTunes」とApple Music全ての機能を使った新しい音楽プロモーションの形を一つ作りました。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。