ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

決め手はコチュ! 夏に食べたいビビンバBEST 3

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)の朝の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「7-ELEVEN GOURMET-3」。8月19日のオンエアでは、夏に食べたくなるビビンバBEST 3を紹介しました。

ご飯の上にたっぷりと乗ったナムルや生野菜、ときには温泉卵や半熟の目玉焼きをコチュジャンと混ぜ合わせて食べる韓国料理代表のビビンバ。食欲そそるコチュジャンの香り、たっぷりの野菜・・・、夏の体が欲するものが1杯にギュッと詰まっているビビンバは、食欲の落ちる今の季節にぴったりの料理です。

そこで韓国に月1で訪れ、日本でも週に3回は韓国料理を食べているという、みよこ明洞さんこと、草薙美代子さんにおいしいお店の見つけ方について聞きました。みよこさんは、「コチュジャンがおいしければ、ビビンバは絶対においしい」と断言します。お店こだわりのコチュジャンには、激辛、甘辛など、その味は千差万別。おいしいビビンバに出会いたいなら、焼肉屋さんや韓国料理屋さんに行ったときのコチュジャンの味をしっかりチェックしておきましょう。

そんな、みよこさんが選ぶ、東京都内のビビンバのおいしいBEST3を聞きました。

BEST3は港区赤坂の「bibigo」。100種類以上のカスタマイズができることから、女性に人気のお店。野菜がたっぷり食べられること、白米と玄米のどちらか選んでいいというのもポイントです。みよこさんオススメは、明太子とチーズがたっぷり乗った「明太子チーズビビンバ」だそうです。

BEST2は、港区赤羽橋の焼肉屋「コサリ」。こだわりのコチュジャンは、40年間誰にも教えていないという門外不出の辛味噌。甘さと辛さが絶妙なバランス辛味噌が最高においしいとのこと。健康・美容にこだわっているオーナーさんが作る秘伝のコチュジャンは少し、薬膳的な味わいも。また、必ず旬の野菜が6種類入っていて、食欲がない、元気が出ないというときにオススメの1杯です。

BEST1は麻布十番の焼肉屋「龍叶苑」。こだわりのコチュジャンは、和牛の佃煮で作った特性のもの。ご飯の上にたっぷり乗せた、こだわりのナムル、そして温泉卵。佃煮入りのコチュジャンと混ぜ合わせれば、なんともいえないコクとまろやかさが生まれるのだとか。

まだまだ残暑が続きそうです。「これを食べれば元気が出る」という、おいしいビビンバを探してみては?

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP