体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

内向的な人こそ「優秀なリーダー」だ!その理由と研究結果

cant-enter-to-talk150820-02

一般的には、引っ込み思案で発言も少なく目立たない内向的な人と聞くとネガティブな印象を持たれやすい。しかし、彼らの行動には理由がある。

内向的な人々の特徴を見ると、特にわかりやすいのはその口数の少なさかもしれない。が、もちろん彼らだって会話に参加したくないわけではないのだ。ただ、口に出す前に考えている時間が人より長いだけなのである。

会話が盛り上がれば盛り上がるほど、内向的な彼らの発言の機会はなくなっていく。しかし、本当にいいアイデアが欲しいのであれば彼らが声を出すのををじっと待ったほうがいいかもしれない。いくつかの研究結果がそれを示唆している。

cant-enter-to-talk150820-03

リーダーには
内向的な人が向いている

多くの場合チームリーダーに選ばれるのはきっとこんなイメージの人物ではないだろうか。決断が早く、コミュニケーションが上手で、リスクを恐れずに、行動する。しかし、ウォートン経営大学院のアダム・グラント氏が行った研究結果ではそれとは反対の検証結果が発表されている。

検証でいくつかのチームのタスク処理スピードなどを測った結果、内向的なリーダーは、外向的なリーダーよりも良い結果を生むことが多かった。後者は気づかぬうちに何でも自分で仕切ることに夢中になってしまう傾向があり、他の人の発言にも恐怖を感じるなど、自分以外の人が考えたアイデアをなかなか活かせかったそうだ。

反対に、内向的なリーダーはというと、メンバーの発言の要素を冷静に判断し、より効率的な方法を検討することができた。

不安の強い人ほど
IQが高い!

さらに、リスクについても人々の考えとは真逆に当たるような研究結果が発表されている。カナダのレイクヘッド大学の調査によれば、社交不安を持つ人は言語知能テストにおいてそうでない人よりも高い成績を残した。

加えて、ニューヨーク州立大学ダウンステート・メディカル・センターの研究でも「深刻な社交不安を抱えている人は、そうでない人に比べIQが高い」との研究結果が発表されている。ここでは危機察知能力の高さも見られた。他の誰かよりも早く危険を認識でき、周りに伝えることが出来たのだ。

つまり、空気を読み過ぎるというような内向的な人によく見られる性格的傾向は、生物学的には長所と見るほうが正しいとも言える。

cant-enter-to-talk150820-04

共感力が高すぎるために
ストレスになっている

これまでの話の裏付けとしては、イスラエルのハイファ大学心理学部の研究結果もその内の一つにあたる。この調査では内向的な人々の「思考能力と感情移入能力」が高いことがわかった。そして、深刻な不安で苦しんでいる人は社会性も高く、他人の心理状態に敏感で注意深いことも判明した。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy