ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【悲報】人類は、8月13日に「地球上の資源」1年分を使い果たしていた。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能な環境資源を、人間の需要が使い果たす日のことを指す。つまり、今この時点ですでに、地球への借金生活が始まっているわけだ。

これは、環境問題の国際シンクタンク「Global Footprint Network」が、独自に算出したもの。自然環境保護団体と協力し、経済活動が地球生態系の許容範囲内で行われるよう、持続可能な利用を呼びかけている。その一環として、毎年発表しているのがアース・オーバー・シュート・デーだ。
自然界から供給される野菜や果物、肉、魚、木材、衣類用の綿にいたるまで、それら地球の資源を使い果たすと、あとは未来の資産から、貯金を切り崩しながら利用していくほかない。
2014年は8月19日、2011年は8月27日、2000年は10月だったというから、年々、人類の浪費は激しさを増していることが分かるだろう。

ところで、人類が赤字傾向に陥ったのは1970年頃。「当時は12月の最後の数日間でアース・オーバー・シュート・デーを迎えていた」と、「IFLScience 」の記事は伝えている。

「70年代初頭より、人類の消費量が自然界の生産能力を上回り、現在、その量は当時の2倍を超えています。年間を通して、我々は地球約1.6個分を消費してしまっている現状なのです」

毎年、区切りの日を算出しているGlobal Footprint Networkの責任者Mathis Wackernagel氏は、こう危機感をよせる一方、世界中で議論が続く「石炭、石油、天然ガスなど化石燃料の段階的抑止が実現すれば、資源の浪費に歯止めがかけられる」と持論を展開。

 

Global Footprint Networkとパートナーシップを組む、世界自然保護基金(WWF)の試算では、2050年までに世界の人口はおよそ97億人に達する見込みだ。食物、水、エネルギーの需要も当然ながら倍増すると予想される。ただし、「先行きが暗く絶望的だという訳ではない」とWWFは見ている。
例えば、ソーラーパネルの普及・設置、農場での農薬や合成肥料の使用削減、さらにはサステイナブルな商品開発など、未来を見越して原資に手をつけずに、我々が生活するためのアクションは少なくない。

Reference:IFLScience , Global Footprint Network , WWF

 

関連記事リンク(外部サイト)

100%海洋ゴミを使用した「ハイテクスニーカー」をadidasが国連で発表!
遺灰で樹木を育てる自然葬キット。人間は死後、木として生まれ変わる
「大胆な貧困対策」ペルー政府が、50万世帯にソーラーパネルの無料設置を決断

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP