ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

要介護認定の訪問調査 「苦しむ演技はダメよ。すぐにわかる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 制度の改定により、8月から介護保険サービスの一部の利用者は、自己負担が2割となった。介護保険サービスを利用するには、要介護認定を受ける必要があるが、どんな点に気を付ければよいのか?

 要介護認定を受けるにあたって、最も重要なのは実情に即した、より重い認定を受けることだ。要介護度は「要支援1」から「要介護5」の7段階に分かれる。段階ごとに自己負担1割(一部は2割)で利用できる介護サービスの支給限度額が決まる。限度額が多ければ自己負担1割で使えるサービス量は増え、本人はもちろん、家族の負担も減る。

 重い認定を受けるメリットについて、ケアタウン総合研究所の高室成幸・所長がいう。

「限度額いっぱいまで使う人は稀ですが、枠に余裕があると、家族が病気などで一時的に介護ができなくなった緊急時でも、ショートステイ(短期入所生活介護)などを介護保険で利用できます。また、今年4月以降、特別養護老人ホームに入れるのは原則、要介護3以上の人になりました。将来、特養に入ることが必要になるかもしれないので、実情に即した要介護認定を受けておいたほうがいいのです」

 認定の流れは次のようなものだ。申請後、調査員(市区町村の職員やケアマネジャー)が訪問調査を行ない、「基本調査」と「特記事項」を作成する。「基本調査」は、50項目以上の質問に対し、本人があてはまる状態を選ぶ。実際に動作を行なうよう求められる場合もある。

「特記事項」は、「基本調査」について特記すべき内容や具体的な状況が記入される。「基本調査」をもとにコンピュータによる暫定の判定が行なわれ、「特記事項」や「主治医意見書」などを加味し、複数の専門家による介護認定審査会で要介護度が最終判定される。

 ただ、訪問調査は原則1回しかなく、調査時にたまたま本人の体調が良かったり、本人が調査員の前で無理して頑張って動いたりして、実情より軽く認定される例は少なくない。

 訪問調査時に大切なことは、調査員の質問に「YES」だけで答えないことだ。「ちゃんと歩けるか」を聞かれた時に、「YES」と答えるだけでは、スタスタ歩ける場合も、ずり足でようやく歩ける場合も、どちらも「歩ける」という判定になってしまう。具体的な答えを伝えた方が良い。

 また、訪問調査は「夕方」に受けるのがいいという。実際に訪問調査を行なうケアマネージャーが明かす。

「夕方になれば、要介護者に疲れが出てくる。介護する側の負担が重くなるのも夕方以降です。その実態を調査員に見てもらうために、夕方の訪問をお願いするといい。ただ、重い認定にしようと歩けないように演技する人がいるが、それは絶対にダメ。我々も慣れているから、すぐわかる。演技されると、一生懸命『特記事項』を書く気がなくなる」

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
特養老人ホームの入居を望むなら実態より低い要介護認定は禁物
自治体の介護サービス 練馬区には高齢者の出張調髪サービス
介護保険サービス 認定調査で「まだ元気」と見栄をはると損

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP