ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SIMフリースマホが購入前に試せる! DMMいろいろレンタル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社DMM.comは自社が運営する「いろいろレンタル」において、8月12日よりSIMフリースマホ・タブレット計7機種のレンタルを開始したと発表しました。
DMMのいろいろレンタルとは?
DMMが提供する「いろいろレンタル」というサービスをご存知でしょうか?
このサービスはAV家電や旅行用品、ブランドバッグなど4,100点以上の商品をネットからレンタルすることができるものです。

利用するにはアカウント取得が必要ですが、月額料金はなく気に入った商品を気に入った時にレンタルすることが可能。すでに10万人以上の人が利用したことのある話題のサービスです。

DMMモバイルで取り扱うスマホを試せる!

現在、レンタルできるSIMフリースマホ・タブレットは7機種。なお、ラインナップは以下の通りです。

「SHARP AQUOS SH-M01」「LG G2 mini」「HUAWEI P8 lite」「Ascend G620S」「Ascend Mate 7」「ASUS ZenFone 2」「ASUS ZenFone 5」

どれもDMM mobileで取扱いのある端末で、発売が開始されたばかりの「HUAWEI P8 lite」や、人気の「ASUS ZenFone 2」などが勢揃い。どの機種も貸出期間は1ヶ月からになっており、端末の空き状況などもWebページから確認することができます。

また、各端末のレンタル申し込みページには製品の特徴も書かれており、SIMフリースマホについて詳しくなくとも、どういったモノなのか分かるよう工夫されています。レンタルに掛かる費用は機種によって違いがあり、販売価格が高い端末は利用料金も高くなっているようです。

なお、本サービスは端末のみのレンタルであるため、SIMカードは自分で用意しなくてはなりません。そのためどちらかと言えば既存のMVNOユーザがターゲットのサービスという印象を持ちました。もちろん、Wi-Fi環境化の利用や、ドコモのmopera U 契約などのSIMを使っている人もターゲットとなります。

検討中のMVNOサービスがある方は、そのMVNOのプリペイドSIMを別途購入し、レンタルした端末で試すことで、実際の格安SIMの端末および通信の使用感を事前に確認する使い方もできるかと思います。

DMM mobileは注目のMVNO事業者の1つ。格安SIMを検討する際に候補とするユーザーも増えていることが予想されますが、現時点ではDMM mobileはプリペイドSIMは提供しておりません。今後は、そんな検討ユーザ向けに、プリペイドSIMサービスをレンタル端末とセットにするプランがあっても良いかもしれませんね。

いずれにしましてもこうしたサービスが普及することで、SIMフリースマホに対する漠然とした不安について解消することができるのではないかと思います。店頭のタッチ&トライだけでは物足りないという方は、このサービスをうまく活用してみてはいかがでしょうか。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP