ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国ZukがCyanogenとの提携を発表、Zuk Z1グローバルモデルにCyanogenOSを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo などが支援している中国の新興スマートフォンメーカー Zuk が Cyanogen と提携し、同社の第一弾スマートフォン「Zuk Z1」のグローバルモデルに CyanogenOS 12.1 を搭載すると発表しました。Zuk Z1 の中国モデルには ZUI という Zuk 独自のファームウェアが採用されているのですが、当初の噂通り、そのグローバルモデルに CyanognOS が採用されることになります。CyanogenOS は、多くの方がご存知の「CyanogenMod」の OEM パートナー向けのカスタム ROM です。ファームウェアの内容は基本的には CyanogenMod と変わらないのですが、Google CTS テストを通しているなど、違いがあります。Zuk は 8 月 21 日に中国・深センでグローバルモデルのローンチイベントを開催する予定です。その際、Zuk Z1 のグローバルモデルと CyanogenOS 12.1 の詳細が披露されることでしょう。Source : Zuk


(juggly.cn)記事関連リンク
英Cloveで「Moto X Play(XT1562)」が発売開始
Project Araの開発の遅れはモジュールを固定する部分の仕様変更によるものらしい
Google AdSenseの公式Androidアプリがv3.0にバージョンアップ、アプリUIがMaterial Design化

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP