ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国で反日教育を植え付けた江沢民 背景に天安門事件あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2005年11月、当時の駐日中国大使、王毅氏(現外務大臣)は、東京・有楽町の外国特派員協会での記者会見で「中国は反日教育などしていない」と語った。

 これは中国政府の公式見解だ。中国の言い分では、反日教育ではなく愛国主義教育を施した、ということになる。が、日本を敵国として青少年に反日を植え付け、愛国者に育てようとしているわけで、中身は同じことだ。

 この方針を決定したのが江沢民主席で、1994年9月に「愛国主義教育実施綱要」を発表した。これにより、幼稚園から大学まで全教育課程で徹底した反日教育が始まり、「日本の軍国主義による犠牲者3500万人」や「南京大虐殺30万人」といった嘘を刷り込んだ。中国問題評論家の宮崎正弘氏がいう。

「その背景にあったのは1989年の天安門事件。共産党による支配体制に危機を感じた中共政府は、党への不満を外に向けるため、日本という敵を作り、中国を守るのは共産党だけだとして、求心力を高めようとしてきた」

※SAPIO2015年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本は叩いてもニコニコ 中国国民の「反日洗脳」は簡単と識者
中国での反日デモに参加する若者は“江沢民の子供たち”
中国のネットで「南鳥島も古来より中国領土」との意見出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP