ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガレージキットのイベント「ワンダーフェスティバル」に行ってきました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、段田です。

みなさん夏は満喫していますか?
私はこの間ガレージキット(フィギュア、模型など)のイベント「ワンダーフェスティバル」(幕張メッセ)に行ってきました。
私のようなフィギュア大好き人間には夢のようなイベントです。

今回は、そのときのレポートとあわせてワンダーフェスティバルの紹介をしたいと思います。

ワンダーフェスティバルとは?

プロ、アマチュアを問わず、自分たちが腕によりをかけて製作したキットを持ち寄って展示・販売することにより、自分の造形力を世に問うことを目的としてはじまった。

引用元:ワンダーフェスティバルとは

主にプロ・アマチュアの製作者が作成したガレージキットの展示と販売をするイベントで、模型製作会社の海洋堂さんが年2回(夏と冬)主催しています。
1984年のプレイベントから数えると30年続いており、「ワンフェス」と略され呼ばれることが多いです。
来場者数が5万人を超える大きいイベントで、ガレージキットの展示と販売、メーカー(企業)の出展・物販がメインになっています。

オフィシャルキャラクターのワンダちゃんとリセットちゃんがエヴァンゲリオンコラボでお出迎え。イラストは「よつばと!」の著者あずまきよひこ氏。

 

写真だとわかりづらいかもしれませんが、入場列が2方向から出ており、両方ともすごい人の数が並んでいて写真に入りきりません。

 

会場内の一部の様子がこちら。
一般ブースを上から撮ったもので派手な置物などがありませんが、人が多いのはよくわかっていただけるかと思います。

 

こちらが企業ブースの一部ですが、一般企業のイベントと違って1つ1つのブースが大きく目立っていました。
 

イベントの規模感はざっとこれで伝わったかと思います!
ワンフェスの歴史や詳細は下記の公式ページをご参考ください。

海洋堂:
http://kaiyodo.co.jp/
ワンダーフェスティバル:
http://wf.kaiyodo.net/

というわけでフォトレポート

まずはイベントブースへ

「エヴァンゲリオン」は2015年が舞台で、今年がその2015年かつTV放送が20周年ということで、特設ブースが作られていました。
さっそくエヴァンゲリオン20周年 in WF2015というイベントブースへ!

私の隣にいるのは新世紀エヴァンゲリオンの惣流・アスカ・ラングレーと綾波レイです。アニメのままにかわいい2人の等身大フィギュアも、汗だくのおっさんが一緒におさまると台無しですね。

 

先ほど写っていた新世紀エヴァンゲリオンの惣流・アスカ・ラングレーのフィギュア。話題となったあのプラグスーツを着ており、今回の特設ブースの目玉の1つです。

 

ブース内にはエヴァンゲリオンの各シーンを再現したジオラマが展示されていました。その中で私が一番興奮したのがこちら。

「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」でエヴァ弐号機がエヴァ量産機に負けてしまうシーンをみごとに再現したジオラマです。一人で興奮してたら周りからドン引きされたのは言うまでもありません。

 

今回特別にセブンイレブンと光岡自動車がコラボした車「エヴァンゲリオン オロチ」が展示されていました。

 

同ブース内にUFOキャッチャーを設けてました。
1回2000円で「必ず」フィギュアがゲットできるそうです。

&nbsp

UFOキャッチャーが得意ではない私でも、

 

あっさり捕獲して、

 

綾波レイフィギュアをGETです!
なお、失敗しても成功するまでできるので、2000円払えば必ずゲットできます。
UFOキャッチャー苦手な人にはこれはお得!

次は企業ブースへ

企業ブースのポイントは販売前のフィギュアが展示されていることです。
今回展示されているのは早くて秋、冬ぐらいには販売されます。(※中には参考出展のみの場合も)

 

アフタヌーンで連載中の「亜人」のフィギュアを見つけました。見ての通り色が付いていません。
まだ製作段階なので販売はされていませんが、今後販売されるかもです。

 

フィギュアは展示されていませんでしたが、漫画「寄生獣」のフィギュア写真が置いてありました。新一とミギーですね。
実写で映画化されていたので、漫画を読まれた方も多いのではないでしょうか。

この勢いで田宮玲子のフィギュアも作ってください!

 

「ジョジョの奇妙な冒険」もありました! 第6部のプッチ神父とそのスタンド「ホワイトスネイク」の製作段階フィギュア!
この他にウェザーリポート、ヴァニラ・アイスのスタンド「クリーム」なども展示されていました。

 

フィギュアだけでなく、痛傘もありました!
並んで飾ってあると綺麗ですね!

 

「刀剣乱舞」のグッズコーナーです。
社内でもファンが多く、これは!と思い撮りました。

 

アニメ「黒執事」の主役、シエルとセバスチャンのフィギュアです。
元々女性人気が高いのか、フィギュア撮影時には女性の方が多くいました。

 

アニメ・漫画だけではなく、映画の作品もあります。こちらは「スターウォーズ」のR2-D2とC-3POフィギュアです。
新作公開も近いので、スターウォーズ関連は多かったです。

 

「ベルセルク」のガッツのフィギュアです。ベルセルク大好き人間なので、見つけた瞬間テンションが上がりました。顔も原作そっくりでした。

 

こちらはゲーム「メタルギアソリッド」に出てくるREXのフィギュアです。操縦席にはリキッド(?)が乗っています。デフォルメされてかわいい!

 

「魔法少女まどか☆マギカ」の暁美ほむらフィギュアです。こちらお値段が6万8千円なんですが、着ている衣装がすべて布になっていて、作り込みが半端じゃなかったです。
今年の冬に販売予定だそう。

 
また、会場内で「カッパ造形大賞」という個人参加のカッパフィギュア作品のコンテストもやっていました。

個性的なカッパのフィギュアが多くあり、とても個人で作ったとは思えないフィギュアも多数ありました。
 

フィギュア以外に武器も展示されていました。

「進撃の巨人」の調査兵団が使っている武器を実際に持ってみました。
嗤う豚でも調査兵団になれた瞬間です。どう見ても駆逐される側なのに、家畜の安寧側なのに、少し巨人に勝てる気がします。

 
見たことある、知っているキャラクターありましたか?
展示されているフィギュアは、今掲載したフィギュアだけではなく、何百倍以上あります。
また、企業以外の個人ディーラーの展示物も含めると1日かかっても見きれません。(ええ、大変でした)

最後に

いかがだったでしょうか?
今回のレポートでは展示物中心で紹介しました。
この他にも展示物はもちろん物販やイベントブース、コスプレなどがあり、フィギュアもアニメ系だけではなく、映画系、オリジナル物などジャンルがさまざま。

次回のワンフェスは2016年2月7日(日)で決定しています。気になった方や興味がある方はぜひ行ってみてください!

>>詳細はコチラ<<

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。