ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京の美味しいトンカツ店ランキングベスト8 / 感動と肉汁を求めて

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京には美味しいトンカツ店がたくさんあります。そのなかでも、特に優れたトンカツ店は連日連夜、行列ができるほどの大盛況。皆さんトンカツが大好きなんですね。

そこで今回、東京の美味しいトンカツ店をランキング形式でご紹介。記者が実際に足を運んで調査したので、その情報は確かですよ。

・東京の美味しいトンカツ店ランキングベスト8
1位 東京都大田区蒲田の『檍』
とんかつマニアが「おそらく日本で一番美味しいとんかつ屋」と絶賛している東京・蒲田の『檍』(あおき)。あまりにもとんかつのクオリティが高いため、『檍』でとんかつを食べた人は「他店でとんかつを食べられなくなる」とも言われている。

2位 東京都台東区浅草橋の『丸山吉平』
寡黙な店主はとんかつに対してゆるぎない情熱を注いでいる。目の前に出されるとんかつは、驚くほどジューシーで分厚い。箸でつまんでもいないのに、肉汁がどんどんあふれてくる。純白で、ほんのりピンク色の断面が色っぽい。

3位 東京都千代田区神田小川町の『ポンチ軒』
『ポンチ軒』の厚切りロースかつは非常に特徴的だ。正統派のサクサクカリカリな衣に包まれたロース肉は、赤身と脂身が明確にキッチリと分かれている。赤身、脂身、赤身、脂身、それが目視でハッキリ確認可能。赤身には弾力があり、非常に食べ応え十分。高級な豚肉はやわらかい特徴を持っていることがあるが、この肉は「弾力を楽しむもの」であり、その弾力こそが上質な豚肉の証。

4位 東京都千代田区神田須田町の『やまいち』
『やまいち』のロースとんかつは、ソースや塩をつけなくても美味。脂身から溢れ出すエキスと揚げ油が衣と作用し、とんかつ単体だけで旨味を生み出すのである。美味しいとんかつ屋の多くが「中心部がレア」であることが多いのに対し、この店は絶妙な温度で火が通っており、それでこの旨味を出すとは恐れ入る。

5位 東京都大田区蒲田の『とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ』
食べ方は人それぞれだが、この店のカツカレーを食べる際は、カレーをとんかつにかけて食べるより、カレーととんかつを交互に食べたほうが、よりウマさを生かして食べられる。とんかつにカレーをかけてしまうと、せっかくの良質な豚肉の旨味が弱まるように感じた。しかし交互に食べることで、とんかつの旨味が増したのだ。

6位 東京都千代田区外神田の『丸五』
ここのとんかつは面積こそ小さく思えるかもしれないが、質量と厚みはなかなかのもの。カットも大きめにしてあるので、食べ応えの面でも満足のいく食感を楽しめる。レアではないが、揚げ時間が絶妙なので「完全に火を通しつつ柔らかさを保つ」ことに成功している。

7位 東京都新宿区若松町の『とん加”亭』
まずはソースも塩もかけずに食べてみて欲しい。ほんのりと味付けされているのか、絶妙な塩味を感じつつ豚肉と衣の旨味を堪能できる。これが950円のとんかつ定食だというのだから、信じられない。

8位 東京都新宿区新宿の『とんかつ三太』
ここのとんかつは、衣の起伏が激しいため、ソースよりも塩のほうが旨味を増す。塩をふりかけると、衣と衣の隙間に入り込み、食べた瞬間に、衣のあらゆる部分から塩分と結合した旨味があふれる仕組みだ。非常にジューシーなので、人によっては「脂っぽい」と感じるかもしれないし、人によっては「限りなくジューシーで濃厚」と感じるかもしれない。どちらにしても、一度は食べてみる価値があるのは確かだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/08/20/tonkatsu-best8/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP