ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大人になっても読みたい児童文学】『おっきょちゃんとかっぱ』(文:長谷川摂子 絵:降矢なな/福音館書店)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

幼い頃に読んだ絵本や物語を、ふと思い出してしまうことはありませんか。大人になってからも、心にひっかかっているあのシーンや、あのフレーズ。この記事では、そんな懐かしい児童文学作品をご紹介します。今回ご紹介するのは、夏にぴったりな絵本。『おっきょちゃんとかっぱ』(文:長谷川摂子 絵:降矢なな/福音館書店)です。

『おっきょちゃんとかっぱ』

あるところに、“おっきょちゃん”と呼ばれている、小さな女の子がいました。名前が“きよ”だったので、“おきよちゃん”と呼ばれているうちに、おっきょちゃんになったのです。
ある日、おっきょちゃんが川で遊んでいると、誰かに声をかけられました。辺りを見回すと、赤い顔をした奇妙なこどもが、川からこちらを見ていました。

「おいら、ガータロ。おまつりなのに だれも あそびにこんから、おまえ、おきゃくさんになれや」
「おまえの うちは どこ?」
「ここんなかに きまっとるやないか。さあ いこ」
「うん、いく」
(『おっきょちゃんとかっぱ』P.4から抜粋)

おっきょちゃんは、急いでお祭り用の浴衣に着替えると、庭の畑になっているキュウリをおみやげに持ち、ガータロと一緒に川の中に入っていきました。
川の底では、踊るような調子のあしぶえの音色が響き、賑やかなお祭りが行われていました。ガータロは、魚の形をした、シャボン玉の出る水笛を買ってくれました。すると、「人間の子がいるぞ」と、大人のかっぱたちが、おっきょちゃんに気付きます。おっきょちゃんが、おみやげに持ってきたキュウリを差し出すと、かっぱたちは大喜び。お客さんとして迎えてくれて、祭りのお餅を貰って食べたおっきょちゃんは……。

ひとくち たべたら、おとうさんのことを わすれ、
ふたくち たべたら、おかあさんのことを わすれ、
みくち たべたら、みずの そとのことを
ぜんぶ ぜんぶ、わすれてしまった。
(『おっきょちゃんとかっぱ』P.12から抜粋)

そうして、おっきょちゃんは、ガータロのうちの子になり、魚を取ったり、ガータロのお母さんのお手伝いをしたり、あかちゃんのおもりをしたりして、毎日、川の中で過ごしました。
数日が経った、ある日のこと。おっきょちゃんは、小さな布の人形が、水面に流れているのを見つけます。それから三日間、おっきょちゃんは誰とも遊ばず、ずっと人形を見つめていました。おっきょちゃんは、思い出します。その人形は、お母さんが作ってくれた人形だということ。そして、人形の着ている服は、おっきょちゃんのちゃんちゃんこのきれだったこと。

そのばん、おっきょちゃんは にんぎょうを にぎりしめて、はじめてないた。
「うちに かえりたいよう。かあさんのところに かえりたいよう」
(『おっきょちゃんとかっぱ』P.19から抜粋)

不思議な世界に招かれ、そこの人々に出会い、生活にふれる、という“異世界探訪モノ”は、いくつになっても読んでいて、わくわくします。自然と空想が広がり、フィクションと分かっていながらも、「こんな世界あったらいいな」と、そう思わせる読後感。映画でも舞台でも、なんでもいいですが、そんなふうに思える作品はなかなか無いと筆者は思います。
『おっきょちゃんとかっぱ』は、「あったらいいな」、「そうなんだろうな」と思わせてくれることばかりです。

ストーリーを読んでいると、どきりとするようなシーンはありますが、かっぱの文化や生活を感じさせる方法で解決され、そこにも世界観を大事にしている作者の考えが感じられます。“ひと夏の思い出”という言葉が、ぴったりな作品で、最後まで読んだ方からすると、なんだか少し寂しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そして、美しい絵も魅力のひとつ。時に淡く、時に鮮やかな色彩は、ゆらゆらとした川の底の世界を綺麗に演出しており、細部まで美しいので、絵だけを見ていても楽しめます。文章と絵、片方がおかしかったり、雰囲気が違っていれば、成り立っていないんじゃないか、と思わせるくらい繊細で、文も絵もぴったりとはまっている作品です。

“夏休み+異世界探訪+ボーイ(かっぱ)ミーツガール”という最強の組み合わせ。
夏が終わる前に、ぜひ読んでいただきたい作品です。

『おっきょちゃんとかっぱ』
文:長谷川摂子
絵:降矢なな
出版社:福音館書店
定価:800円
発行:1997年8月
参考:http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=250[リンク]

※画像は、株式会社 福音館書店様(http://www.fukuinkan.co.jp/[リンク])より引用しています。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: すえこ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP