ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーリー・レイ・ジェプセン 洋楽チャート1位最長記録に並ぶ!リトル・ミックス待望の新曲は7位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カーリー・レイ・ジェプセン 洋楽チャート1位最長記録に並ぶ!リトル・ミックス待望の新曲は7位に初登場

 10週目の1位を記録し、洋楽チャート“Hot Overseas”首位最長記録に並ぶこととなったカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。

 【SUMMER SONIC】での来日効果もあり、エアプレイとTwitterポイントを先週からさらに伸ばし、今週も1位をキープしたカーリー・レイ・ジェプセン。ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース「シー・ユー・アゲイン」が叩きだした今年最長No.1記録9週を見事破り、ファレルの「ハッピー」とテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」が保持する洋楽チャート首位最長記録の10週に並ぶ結果となった。今週月曜日にはソールドアウトとなった来日公演も行われ、しばらく収まることがなさそうなカーリー・フィーバー、来週も1位をキープし、洋楽チャート首位最長記録を更新するのも間違いないだろう。また今回の来日をうけ、6月に発売されたニュー・アルバム『エモーション』も11位へランクアップした。

 ウィズ・カリファやマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」など、今年は長期にわたり1位をキープする楽曲が増えており、今週の時点で今年に入って洋楽チャート1位に輝いた楽曲はわずか7曲。この現象は、米ビルボード・シングル・チャートでも起こっており、ウィズ・カリファやマーク・ロンソンが10週以上首位をマークし続けたため、1位を獲得した曲は日本と同じく7曲となっている。

 2位のウォーク・ザ・ムーン「シャット・アップ・アンド・ダンス」、6位のファレル・ウィリアムス「ハッピー」、そしてアリアナ・グランデは8位に「ブレイク・フリー feat.ゼッド」と12位に「プロブレム feat.イギー・アゼリア」がエントリーし、【SUMMER SONIC】に出演したアーティストによる楽曲がチャートを上昇する中、今週唯一の初登場曲となったのは、7位のリトル・ミックスによる「ブラック・マジック」。全英チャートでも1位を記録した80’sを彷彿させるキュートでポップなナンバーで、エアプレイ・チャートで急上昇しており、洋楽アーティストでは珍しくなったフィジカルのシングル盤もリリースされている。

関連記事リンク(外部サイト)

8月24日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
SKE48「前のめり」がback numberとDa-iCEとのビルボード総合首位争いを制す
ドリカム 20周年記念ベストALが首位キープ、計5回目の1位に!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。