ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京佼成ウインドオーケストラ『ブラバン!甲子園よりぬきベスト55』20回目のチャートイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、2008年にリリースされた東京佼成ウインドオーケストラ『ブラバン!甲子園よりぬきベスト55』が8位となり、20回目のチャートインを記録した。本作は、『ブラバン!甲子園』過去4枚のシリーズから、2008年に行われた夏の甲子園第90回記念大会の出場全55校にちなんで、55曲を選出して収録したアルバム。夏の風物詩である甲子園の人気を反映し、発売年以降も、8月のセールスで断続的にチャートインしている。

 第2位は1968年収録、時の首相・近衛文麿の弟としてヨーロッパを舞台に活躍した近衞秀麿と読売日本交響楽団による、ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」とシューベルト:交響曲第7番「未完成」。8月8日放送のNHK BS-1スペシャル「戦火のマエストロ・近衛秀麿~ユダヤ人演奏家の命を救った男」、そして同番組の原作本「戦火のマエストロ・近衛秀麿」(NHK出版)の発刊に合わせ、オリジナル・アナログマスター使用によるハイビット・リマスタリングで緊急リリースされた。

 第1位はフジテレビ「ホンマでっか」に出演の児玉光雄(右脳開発トレーナー)が監修した『0歳からの育脳クラシック』で、今回で167回目のチャートインを記録。また5位には海上自衛隊東京音楽隊の歌姫、三宅由佳莉のセカンド・アルバム『希望~Songs for Tomorrow』が22回目、7位にはアニメ君嘘のクラシック・コンピ『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』が38回目、更に三宅由佳莉ファースト・アルバム『祈り~未来への歌声』が65回目のチャートインとなるなど、チャート常連のアルバムがその人気振りを見せつけた週となった。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

8月24日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
SKE48「前のめり」がback numberとDa-iCEとのビルボード総合首位争いを制す
ドリカム 20周年記念ベストALが首位キープ、計5回目の1位に!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP