ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーミ 「チアリーダー」が米ビルボード・シングル・チャート1位に返り咲き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オーミの「チアリーダー」が、返り咲きで5週目のNo.1をマークした、今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 先週、ビデオのリリースを受けて、ザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」が初のNo.1獲得を果たしたものの、わずか1週でオーミと交代、「チアリーダー」が再び這い上がり、通算5週目のNo.1をマークした。しかしながら、そのポイント差はわずかということ、また、8月28日には、「キャント・フィール・マイ・フェイス」が収録される、ザ・ウィークエンドの2ndアルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』がリリースされることで、アルバムのプロモーションを受け、次週は再び、首位の入れ替わりが期待できそうだ。

 その予兆をみせてか、アルバムからの先行シングル「ザ・ヒルズ」も、先週の11位から5位へジャンプアップし、TOP5に2曲をランクインさせる快挙を果たした、ザ・ウィークエンド。「キャント・フィール・マイ・フェイス」の返り咲きが濃厚だが、この「ザ・ヒルズ」が新たなNo.1ソングに到達するというのも、チャート・アクションとして期待したい展開。ザ・ウィークエンドは、これで今年初頭にロングヒットを記録した「アーンド・イット」に続いて、通算3曲目、3曲連続のTOP5入りを果たし、その3曲が収録されるアルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』の首位デビューも、おそらく間違いなさそうだ。

 2015年、R&Bシーンの顔がザ・ウィークエンドなら、ラップ・シーンで最も飛躍しているのが、フェティ・ワップ。超ロングヒット中の「トラップ・クイーン」が再び7位に上昇し、続いて8位には「マイ・ウェイ」、両曲の間にリリースされた2ndシングル「679」は13位に上昇し、TOP20以内に3曲を送り込む快挙を成し遂げているが、今週はこの3曲に加えて、33位にデビューを果たしたのが、新曲「アゲイン」。この曲は自身の4thシングルで、9月25日にリリースが予定されている、デビューアルバムからの先行シングル。全4曲がこのアルバムに収録されるかは発表されていないが、これらのシングルヒットは間違いなく、アルバムへの大きなプロモーション効果を果たしている。デビュー盤のタイトルは未定。

 今週、51位にデビューしたのは、ラナ・デル・レイの新曲「ハイ・バイ・ザ・ビーチ」。来月リリースされる4thアルバム『ハネムーン』からの先行シングルで、ラナの神秘的な声にマッチした、浮遊感漂うナンバー。夏の終わりの清涼感を醸し出すあたりは、一昨年の夏に大ヒットした「サマータイム・サッドネス」に通ずるものがある。新作には、今年最大のヒット曲「アップタウン・ファンク」を輩出した、マーク・ロンソンがプロデューサーにクレジットされているとのことで、収録されるトラックは、ラナ自身大のお気に入りが揃っていると話している。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

8月29日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
8月29日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
Song Review: オーミ 次期“No.1”候補!2015年のサマー・アンセム大本命「チアリーダー」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP