ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミシュランが認めた極上の厚切りロースかつ定食 / ポンチ軒

DATE:
  • ガジェット通信を≫
2

厚切りロースかつ定食
3000円

東京メトロ小川町駅から徒歩1分、雑居ビルに囲まれたオフィス街に、グルメガイドブック『ミシュランガイド東京2015』に掲載されたとんかつ店『ポンチ軒』がある。

・厚切りロースかつ定食
ここの厚切りロースかつ定食のファンは日本全国におり、わざわざ上京してまで食べにくるグルメな人もいるほど。ランチタイムに厚切りロースかつ定食はないが、接客に余裕があり、在庫がある場合のみ、わがままを聞いてオーダーを受け付けてくれる(ディナーでは普通に食べられる)。

3 1

・赤身と脂身
『ポンチ軒』の厚切りロースかつは非常に特徴的だ。正統派のサクサクカリカリな衣に包まれたロース肉は、赤身と脂身が明確にキッチリと分かれている。赤身、脂身、赤身、脂身、それが目視でハッキリ確認可能。

4 5

・弾力を楽しむもの
赤身には弾力があり、非常に食べ応え十分。高級な豚肉はやわらかい特徴を持っていることがあるが、この肉は「弾力を楽しむもの」であり、その弾力こそが上質な豚肉の証。

6

・膨大な量の肉汁
弾力を楽しんでいると、そこに無尽蔵ともいえる膨大な量の肉汁が注ぎ込む。脂身が崩壊し、一気に旨味が赤身へとふりかかるのだ。その作用によって赤身がワンランク上の頭角を現す。なるほど、霜降り豚肉も美味だが、明確に脂身と赤身が分かれていたほうが、それぞれの特性を生かした旨味を堪能できるのか。そして最後に一体化し、新たな旨味を生む。

7

・最後はソースで食べる
ここのとんかつは、ぜひとも塩で食べていただきたい。最初は何もつけずに食べ、ふたつめは塩をかけて食べ、最後はソースで食べる。脂身を堪能するには、やはり塩が一番だ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/08/19/ponchi/

ポンチ軒
住所: 東京都千代田区神田小川町2-8
時間: 月~水11:15~15:00 木~土11:15~14:00 17:30~20:30
休日: 日曜日 第三月曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13141456/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。