ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ほんとうにあった怖い話」初日舞台挨拶の開催決定。阿知波妃皇らが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月22日(土)より渋谷・ユーロスペースでの上映がスタートする「ほんとうにあった怖い話第三十一夜」。上映初日に舞台挨拶が開催されることが決定した。

2004年シリーズ開始から10年、不動の人気を誇るホラー作品「ほんとうにあった怖い話」シリーズ。最新作となる今作では、巷で現代版こっくりさんとして話題の“チャーリーゲーム”にまつわる怖い話を含む「死の煙」「生霊」「禁断の遊び チャーリーゲームの呪い」の3エピソードを映像化。

今回の舞台挨拶に登壇するのは、「死の煙」主演で、ファッション雑誌・KERAなどで10代女子を中心に人気のモデル阿知波妃皇。「生霊」主演で、沖縄の演劇映像集団・PROJECT9の一員として活躍していた平隆人。「禁断の遊び チャーリーゲームの呪い」主演で、押井守監督の映画「東京無国籍少女」にも出演の花影香音。本作が初の劇場公開作品となる期待の若手監督・今野恭成。その他、本作出演のキャストが多数登壇する。

映画を鑑賞する前に、舞台挨拶もぜひチェックしよう!

《Information》

■「ほんとうにあった怖い話第三十一夜」初日舞台挨拶
場所:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 3F)
日時:2015年8月22日(土)21:10〜(本編上映前)
登壇者:阿知波妃皇、平隆人、恒吉梨絵、梨木まい、花影香音、大屋香乃、星野莉々翔、大嶋聖ら、今野恭成監督

ユーロスペース 作品紹介ページ
http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000024

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP