ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遊びごころたっぷり! 秋の「ひとくせ」シニョンアレンジ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そろそろ秋ものが気になる時期。なかでもニットやファーといった秋冬素材のアイテムは、ショップで見てるだけでワクワクしちゃいますよね。
でもこの暑さでは、着るのはもう少し先になりそう…。
そこでまずは髪型から、秋の始まりのワクワク感を先取りしてみませんか? 今回は、定番シニョンヘアにちょっと遊び心を加えた「ひとくせ」あるアレンジを紹介します。

タテ3段シニョン

Sarah Potempaさん(@sarahpotempa)が投稿した写真 – 2015 7月 6 8:23午後 PDT

▼作りかた
1. 髪を3段に分けて、それぞれゴムで結ぶ
2. 1段目の毛束を結び目にふわっと巻きつけて結び、シニョンを作る
3. 2段目と3段目も、同じようにシニョンを作る
4. 全体のバランスを調整して、完成

オーソドックスなシニョンですが、タテに3つ並べるだけで、こんなに個性的に変身! ひとつのシニョンの毛量が少ないので、きっちり結うのではなく、ふわっとラフに仕上げれば、かわいくてオシャレな印象になります。

ポンパミックスシニョン

Annie Pearceさん(@anniesforgetmeknots)が投稿した写真 – 2014 8月 3 6:43午前 PDT

▼作りかた

1. 前髪の中央の毛束をとり、細ゴムで結ぶ

2. 結び目より手前の部分を盛り、ポンパドール風に
3. さらに少し下の毛束をとり、最初に結んだ髪と一緒にして、細ゴムで結ぶ

4. 2つ目、3つ目のポンパも同じように作る
5. 残りの髪はひとつに束ねる
6. 毛先を散らすように、結び目のまわりにピンで留めたら完成

ポンパ部分のふっくら丸いシルエットがキュートなシニョンアレンジ。髪がそんなに長くなくても作れるので、伸ばしかけの人にもおすすめです。

ヨコ三つ編みシニョン

Annie Pearceさん(@anniesforgetmeknots)が投稿した動画 – 2015 3月 30 6:07午後 PDT

▼作りかた
1. 後ろに髪をおろし、左から毛束を2本とり、それぞれ結ぶ
2. 1本目を上下に分け、その分けたところに2本目をかぶせ、左側で仮どめする

3. 3本目の毛束をとり、1本目の上下を足して、結ぶ
4. 2本目の仮どめを外して上下に分け、さっきと同じように3本目をかぶせ、仮どめする
5. これを右にくるまで繰り返し、残りはそのまま三つ編みを続ける
6. 左から三つ編みの幅を広くして、残り部分を下に隠して留めれば完成

難しそうに見えますが、やり方さえ覚えてしまえばカンタン。最後に髪を引き出して、三つ編みの幅を大きく見せるのが、インパクト大に仕上げるコツです。
夏のセールも終わり、暦の上ではもう秋。はやく着たくて待ち遠しい新作ファッションを眺めながら、秋冬のおしゃれにむけて、「ひとくせ」シニョンアレンジで気合いをいれたいです。


(グリッティ)記事関連リンク
夏でも油断できないハンドケアの3つのポイント
サボりじゃない。 #スボラネイル が魅力的に見えるワケ
夏なのに寒い! クーラーによる「冷え」を解消する方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP