ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『カラムーチョポップコーン ホットチリ味』ふんわり優しい辛さで迫る、ヒーとはならないライトなポップコーン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポテトが辛くてなぜおいしい!」でお馴染みの湖池屋「カラムーチョ」の味をポップコーンに仕立てあげた『カラムーチョポップコーン ホットチリ味』(65g・希望小売価格 税抜137円・2015年7月13日発売)がついに登場。ありそうでなかった新食感だ。

 

とは言えLAWSON限定発売なので、全国で気軽に入手できるかというとそうではない。早速中身を確認してみよう。パッケージを開けるとフワリと漂うのはポップコーン7割、カラムーチョ3割の配分。意外と辛そうな香りではない。

見た目はポップコーンにカラムーチョ・パウダーがまぶされている感じ。ただ本家カラムーチョと違うのは、まだらな配色。たっぷりオレンジ化しているところと白さを残しているところが混在しているのだ。

もちろん味わいもその色合いによって変わる。濃い味のところはなるほどカラムーチョ味だと認識できるが、薄い色合いのところを食べるとピリ辛風味のポップコーンという印象。このばらつきを余裕を持って遊びと捉えられるかどうかで感想も変わりそうだ。

実際問題カラムーチョとしてはかなり辛さ控えめの部類に入る。濃くオレンジ化しているところにしても、コーンの甘味を感じるので柔らかな印象の辛さ。そして何より改めて発見してしまったのが、カラムーチョの完成度の高さ。実はカラムーチョの美味しさは、ポテトとともに出来上がっているという衝撃の事実。

辛味がフワッと来て、旨味がザリっと来るのがカラムーチョの美味しさの正体だったのだ。従って、辛味がフワッと来たあとにコーンの甘味に誘導されてしまうこのひねりには、生粋のカラムーチョ・ファンには物足りなく感じてしまうのだ。

とうもろこしには申し訳ないが、カラムーチョ・パウダーは恐らくじゃがいもとともに育て上げられた美味しさ。急にコーンに振りかけたからといってそのままカラムーチョのマジカルな美味しさが生まれるわけではないのだ。実に奥が深い。

それでもこの『カラムーチョポップコーン ホットチリ味』がまずいというわけではない。味の薄さもポップコーン愛好家にとっては好ましいところかもしれない。カラムーチョ愛好家じゃなければ、普通に辛口ポップコーンとして楽しめるのかもしれない。ただ記者は無性に本家カラムーチョを食べたくなってしまったのは事実である。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP