ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

においの充満に注意!『明太わさビーフ』は、明太子のかねふくのパウダーをつかった最新作!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

太子を全国に届ける有名メーカー「かねふく」と山芳製菓がコラボレーション! この夏発売の『明太わさビーフ』は、かねふくの明太子を惜しげもなくパウダーにしてわさビーフに振りかけた新作わさビーフ。コンビニエンスストア限定で発売中。

「わさビーフ」といえば、時には売上度外視の奇抜な味を生み出す山芳製菓の主力ブランド。3カ月~半年に1度ほどの頻度で、期間限定やコンビニ限定商品を登場させるこのシリーズは、発売当初からのファンも多い。子供の頃よく食べた、という層が昨年マツコ・デラックスさんの番組で再び思い出し、山芳製菓がプチブームになっている。

今回コンビニ限定&数量限定で発売された『明太わさビーフ』は、あの明太子メーカーの「かねふく」とのコラボレーション商品。かねふくは長年に渡り明太子の聖地・福岡に本社を置き、その名をとどろかせている有名企業。明太子を全国に広めるべくオープンした無料で見学できる明太子工場「かねふく めんたいパーク」は、茨城、愛知、神戸で人気を呼んでいる。

明太子ファンなら誰しも感じるだろうが「かねふくの明太子をパウダーにしていいのか!?」というところ。なんて贅沢なポテトチップスなのだろう・・・。袋を開けると、まず衝撃だったのがにおい。わさびと唐辛子の刺激臭がかなり広範囲に充満する! においは明太子というか、チリソースやハラペーニョソースに近いような。とにかく辛そうな印象。

チップスを見てみると、特に明太子のつぶつぶがたくさん付着しているとかいう印象はなく、ところどころに明太子パウダーが見える程度。もっと真っ赤なチップスを想像していただけに、意外に普通のポテトチップスでびっくり。

ところがひとくち食べると、わさびの辛さとビーフの濃さがとても強い。明太子はその味を探せば感じることはできるが、パウダーの量が全体的に少なく、かかりにもムラがあるので控えめな印象。やはりプチプチ感なしに明太子を表現するのは難しいのかも。とはいえ、辛さは抜群。辛い物好きにはたまらないポテトチップスだ。

山芳製菓『明太わさビーフ』は1袋あたり65gで、考小売価格150円(税込162円)。コンビニエンスストア限定の風味だから、お見逃しなく!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP