ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッテリー切れに便利!乾電池からのスマホ充電を可能にする「Nipper」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どこへ行くにも携帯するスマートフォン。しかし、電池不足事態に備えてモバイルバッテリーや充電ケーブルをいつも持っているとは限らない。

そんなときに役に立ちそうな充電ガジェットがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。乾電池でのスマホ充電を可能にする「Nipper」だ。

・マグネットで乾電池にくっつく

Nipperは一辺が1.7センチの小さなキューブ。真ん中から2つに割れるようになっていて、ストラップでつながったNipperで単3電池2本をはさむ状態にして使用する。

Nipperはマグネットで乾電池にくっつく。そして、片側のNipperについているマイクロUSBコネクターを端末につなげると、乾電池で充電できる仕組みだ。

・iPhone用も開発中

プロトタイプはマイクロUSBタイプだが、現在、ライトニングコネクタに対応するバージョンも開発中とのこと。なので、将来的にはiPhoneでも利用できるようになる。

Nipperそのものにはバッテリー機能はなく、あくまでも乾電池がなければ充電できない。しかし、現代では至るところにコンビニがあり、コンセントもバッテリーもないというときに乾電池を買って充電できるというのは大きい。

また、部屋の片隅に眠っている乾電池で充電できるというのは、停電のときにも力を発揮する。

Nipper の重さはわずか10グラム。キーホルダーなどにくっつけておけば、思わぬときに助けられることがあるかもしれない。

Kickstarterでは現在20ポンド(約3800円)の出資で入手でき、プレオーダーは9月11日まで受け付けている。

Nipper/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP