ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「シャトー モン・ペラ」でおなじみ、ボルドー地方の “デスパーニュ家”と成城石井が共同開発!一流の味を低価格で

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワイン好きなら、思わず感動するほどの素晴らしいワインが成城石井に登場する。名前は「クイーン モン・ペラ」(ルージュ/ブラン・各1990円)。発売は8月19日。

ドイツのワイン専門誌「ヴァインレーゼ」にて、5大シャトーであるシャトー・ラフィット・ロートシルトやシャトー・マルゴーよりも味を高く評価されたという「シャトー モン・ペラ」。成城石井では10年前に同商品の直輸入を開始。販売本数は12万本以上にのぼり、長年トップクラスの人気を誇るワインとなっている。

このワインを造っているのは、フランス・ボルドーの地で250年、10世代に渡ってワイン醸造の伝統を受け継いできた老舗シャトー“デスパーニュ家”。徹底的な温度管理を行い、豊富な品揃えを展開する成城石井のワインへのこだわりに共感したオーナーのティボー・デスパーニュ氏と、成城石井の「より多くの人に気軽においしいワインを楽しんでもらいたい」という思いが一致し、ワインの共同開発が実現したという。

デスパーニュ家と成城石井の共同開発は、2009年に発売した「パーセル ルージュ/ブラン」に続く第二弾。

世界中のメディアに取り上げられ、専門家から高い評価を受ける「シャトー モン・ペラ」のエッセンスを受け継いだ「クイーン モン・ペラ」は、本物志向の人もうならせる味わいながら、「シャトー モン・ペラ」に比べてデイリーに楽しめる価格が魅力。

成城石井のエノログ(ワイン醸造技術管理士)とバイヤーが現地に赴き、オーナーのティボー・デスパーニュ氏とともにサンプルをテイスティング。理想の味わいが出来上がるまで何度も試行錯誤を繰り返し完成させたという。原料には「シャトー モン・ペラ」の隣の畑で育った葡萄を使用するという徹底ぶりで、さらに「シャトー モン・ペラ」の原酒をブレンドし、味により深みを出している。

こうして出来上がった「クイーン モン・ペラ」のやわらかく芳醇で女性的な味は、まさに「クイーン」を思わせる。成城石井“今年の一押しワイン”をぜひお試しあれ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP