ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB48卒業生の囲碁アイドル 石運びは超心配性で守るタイプ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アイドルと囲碁。これ、ミスマッチのようで、そうではない。

「囲碁ガール」をご存じだろうか。20代、30代の女性を中心に、年配のかたまで。ここ数年、囲碁は女性の間でブームになってきている。

 ファン層は女性や学生、子どもと、若い世代に広がっており、昭和から平成になったくらいからイメージはがらりと変わった。囲碁は年配の男性が打つもの。そんな時代はもう過去のものになりつつある。

 東京大学や京都大学、早稲田大学、慶応大学、青山学院など、名だたる大学20校で囲碁が単位の取れる正課となっていて、今後もまだまだ増える予定だという。それも定員の何倍もの学生が履修を希望するほどの人気ぶりだ。これがもう何年も続いている。

 囲碁で培われる思考力、集中力、コミュニケーション能力などの向上が、学生の人間力アップに大いに役立つと、大学側も囲碁人気を歓迎している。

 さらに、小学校の授業、学童保育などでも囲碁は定番になり、今や20代以下の世代で「囲碁ができる」人の割合は20%に迫る勢いだ。新入社員研修に囲碁を採り入れる企業も増え、囲碁は若い世代にも、女性にも身近な存在になっている。

 そんな中、囲碁の総本山である公益財団法人・日本棋院から白羽の矢を立てられ、「囲碁大使」を任命されたのが、女優・タレントの戸島花さん(27)だ。

 戸島さんはAKB48の初期メンバーとして芸能界デビュー。2008年にAKB48を卒業した後は「舞台」を中心として活動をしており、昨年からNHK「囲碁フォーカス」(Eテレ/日曜午後0時~)の司会も務めている。

 戸島さんが碁を打っているところを見せていただいた。石運びは堅実なのだが、ときどきものすごくがんばった手を打っていた。本人は「超心配性でとことん守るタイプ。でもそれではだめだと、最近は、攻めの碁を勉強中です」。なるほど、おっしゃる通りだ。「囲碁フォーカス」講師である囲碁棋士の小松英樹九段も、戸島さんの碁を「慎重派」と分析した。また、番組スタッフは戸島さんを「まじめ」「しっかりしている」と口を揃える。

 戸島さんが芸能の仕事を目指したのは、かつて筧利夫さんや渡辺いっけいさんらも所属していた「劇団新感線」の舞台を見て感激したのがきっかけだ。

「客席じゃなく、舞台に立つ側の人になりたいと、ふと思ったんです。でもどうしていいか分からないから、なんとなく選んで応募した3つのオーディションのうちのひとつがAKB48でした」

 AKB48、舞台、囲碁。この3つの共通点を見ていくと、戸島花の生き方がわかってくるような気がする。AKB48は「会いに行けるアイドル」としてブレイクした。舞台は観客と同じ空間で作品を演じていく。

 そして囲碁は、相手がいないと打てない。囲碁の別名は「手談」という。たとえ言葉が通じなくても、着手で相手の考えていることがわかり、自分の考えも示すことができる。今はインターネットで打つ方法もあるが、戸島さんは「私は苦手です。相手の顔を見て打ちたいのです。世界中の人といつでも打てる利点はわかるのですが……」。

 人との絆、直接のふれあいを大切にしている。そんな気持ちが伝わってきた。

 7月には主役の舞台があった。台詞覚えは、「早いほうだとは思います。昔は1回読めば身体に入りましたが、年齢を重ねていくうちに……。前よりは苦労していて、今はマーカーを引いて目で覚えています」

 舞台があるときは、稽古から本番まで舞台漬け。休みの日があれば死んだように寝ているというくらい打ち込む。舞台がある生活に慣れて、舞台がないと暇を感じるそう。

 囲碁は、仕事がなければ週1回は打ちに行く。

「初段になりたいけれど、強くなるだけがいいとは思わなくて。楽しむことが一番ではないでしょうか。私がこのレベルで楽しんでいることを発信していければ、囲碁大使としての重要な役目である普及につながると思います。

 また、女性や同世代の仲間を増やしていきたいですね。まずは、囲碁とオセロは違うんだ、というところから。囲碁は伝統や格式のある世界なのですが、決して敷居は高くありません」

 戸島さんに続く、身近な囲碁アイドルのグループが結成される日も近い?

●文/内藤由起子(囲碁ライター)
●撮影/山崎力夫、一柳貞樹


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
米で生まれ育ち日本で囲碁棋士になった男性が半生を綴った本
与謝野馨氏 関ヶ原で石田三成敗北は囲碁やらなかったから
夭折した天才数学者 囲碁通じて「答えのない世界」を知った

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP