ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Made in the USA!PC用バックパックの決定版「iBackPack 」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ、テキサスのスタートアップから、大容量のバッテリーと付属のGPS機能で、PC用バックパックの決定版となりそうな「iBackPack 」の予約生産が始まるのをご存知だろうか?

・車のバッテリーの容量をスマホの大きさで

もともとIndiegogoで目標額の2倍以上の9万ドル以上の資金を集め、注目されたこの“オール・アメリカン”なPC用バックパック。

はっ水・防汚仕様で完全ウォータープルーフの「iBackPack 」には、6000mAhのリチウム電池が内蔵されている。

これは、バッテリーが0%のiPadを、6つフル充電できる威力だ。スマホサイズの大容量リチウム電池のおかげで、バッテリーを気にする必要はない。

4つのUSB ポート付きで、どんな周辺機器の充電にも対応できる。

公園や広いキャンパスでスピーカーを使う機会の多い、アメリカの学生向けの機能も充実。「iBackPack 」は、Bluetooth Audio System搭載で、スマホにつなぐとスピーカーとしても使える。

・GPSとスマホアプリで盗難対策も万全

盗難対策も万全で、GPSとBluetooth Proximity Locatorを搭載し、スマホにから「iBackPack 」の位置を発見し、アラーム音を鳴らせる盗人撃退機能も付いている。

さらに、アメリカ国内でAT&Tなどの提携先通信会社を使う場合、付属の3G/4G WiFiポートの通信料が50%以上割安になる、特別ディスカウント料金が設定されている。

できる限りのパーツをアメリカ、テキサスの工場で手作りで生産する「iBackPack 」。現在予約生産中で、149ドル。Wi-fiデバイス付きのバージョンは199ドル。

頑丈なセキュリティーと大容量のバッテリーが特徴の、まさにアメリカのデキるビジネスマン向けの最新PC用バックパックだ。

「iBackPack 」

「iBackPack 」(Indiegogoキャンペーン)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP