体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

amadana×ユニバーサルミュージックによるアナログレコードプレーヤーのクラウドファンディングが開始

amadana×ユニバーサルミュージックによるアナログレコードプレーヤーのクラウドファンディングが開始

amadanaとユニバーサルミュージックの手がけるアナログレコードプレーヤーのクラウドファンディングプロジェクトが、本日11時より開始となった。

今、若者を中心にアナログレコードブームが再燃している。全世界で2014年にアナログレコードはこの20年で最高の売上を記録し、この10年で6倍以上の売り上げになっている。また、国内のアーティストのももいろクローバーZやでんぱ組.inc、きゃりーぱみゅぱみゅ、サザンオールスターズなどもあえてアナログレコードでリリースをしている。決して、レコードに触れてきた40代だけの回帰だけでなく、むしろデジタルネイティブの10代、20代の若者にもレコードは受け入れられ始めている。

今回の企画は、TOKYOからプロダクトを発信するamadanaと、グローバルミュージックカンパニーのUNIVERSAL MUSICとの共同企画。「Amadana Music」というブランドで今後展開をしていく予定。今回のアナログレコードはその第1弾で、今後もソフト、ハードにこだわらず様々な企画を実施していくとのこと。

アナログレコードプレーヤーは、ターンテーブル、アンプ、スピーカーが1つになったオールインワンタイプとなっている。amadanaが手がけていることもありデザイン性もオシャレ。且つ、価格帯は1台16,200円と低価格になっており手を出しやすいことから、ファッション感覚で購入する若者もターゲットとしている。

プロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/amandanamusic/

youtube動画

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。