ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご当地キャラの次はこれ!「ご当地怪獣」のストーリー設定とデザインの破壊力がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ご当地怪獣」が日本各地で活躍中とのうわさ。土地の名産や観光名所などをモチーフにした怪獣だそうです。

仕掛け人は特撮美術やフィギュア制作を行う寒河江弘さんと、アニメや特撮TVドラマ、映画の脚本を手掛ける村井さだゆきさんです。

例えば…。

宮崎の特産マンゴーをモチーフにした「マンゴラー」

ご当地怪獣 宮崎県のマンゴラー

三重の「イセエビダス」

ご当地怪獣 三重県のイセエビダス

高知県土佐清水市の「サバサバラー」

ご当地怪獣 高知県土佐清水市のサバサバラー

このようにユニークな怪獣たちが次々と登場し、特設サイトで公開されています。今月内にも都道府県すべてに配置される見込みだとか。

なかでも気になるのが香川のご当地怪獣「ウードン」。これは…麺です。そのものですね。この「ウードン」はうどんにおいしさにとりつかれた男が巨大化して怪獣になった姿だそうです。ストーリー設定とデザインの破壊力がすごいです。

 

これらの怪獣たちは地域の魅力を全国に発信してほしいという願いをこめて作られたといいます。各地のご当地怪獣たちが大暴れして活躍する日が来るのかも!?

ご当地怪獣 公式サイト

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

そうだ古墳、行こう。旅行口コミサイトが「日本の人気古墳TOP10」を発表
今年の田んぼアートはスター・ウォーズとコラボ!しかもストーム・トルーパーの警護付きだ!
なにこれ可愛い〜っ!あの名作スニーカーにソックリ、ひらがなが面白い「にゅバランス」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP