ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung Gear SにAndroid Wearを移植するプロジェクトがスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung の最新スマートウォッチ「Gear S」に Android Wear を移植するプロジェクトが XDA Developers で開始されました。2 インチのカーブディスプレイを搭載した Gear S は OS に Tizen を採用している製品なので、Android Wear スマートウォッチのようには利用できません。これに不満を感じた ROM 開発者さんが Android Wear の移植を開始したということです。現時点では、移植プロジェクトのスレッドで Gear S 用の ROM は公開されていません。開発の進捗状況が掲載されているだけです。スレッドの記載によると、プロジェクトのオーナーさんは現在、Gear S 用の Android Wear カーネルを開発しており、GitHub でカーネルソースも公開しています。しかし、現在のカーネルでは Gear S はブートしようとするものの、ブートループに陥っている状況です。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、9月2日にIFA 2015プレスカンファレンスを開催
Lenovo Yoga Tablet 3の新たな画像が流出、ヒンジにカメラを搭載か?
米国の腕時計メーカー Fossil、Android Wearスマートウォッチを年内に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP