ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ボディペイント」世界大会の画像がスゴい!ハリウッドの特殊メイクも真っ青!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催された。20年以上続くこの大会は、毎年オーストリアの小さな街ペルトシャッハにて行われる。今年も、世界45ヶ国以上の国々から、プロのメイクアップアーティストやボディペインターらが集結した。

大会の様子を伝える「Mirror Online」の記事は、20年前まではほどんど知られていなかったボディペイントという芸術表現が、この大会によって、アートムーブメントになりつつある様子を紹介している。

熱狂的なファンが増え続け、回を追うごとに規模が拡大。今年はおよそ30,000人が来場した。ボディペインティングだけでなく音楽ライブ、ダンス、パフォーマンスと、身体を使ったアートを3日間に渡って堪能できる。この他、メイクアップアーティストによるデモンストレーションやワークショップも開催され、プロの技術を間近で体験することも可能だ。

さて、コンテストは各部門に細かく別れており、オーソドックスな技術を競う「ブラシ/スポンジ部門」「エアブラシ部門」、ほとんどコスプレ状態の「特殊メイク部門」、さらにはブラックライトの下での表現を競う「UVボディペインティング部門」など、各ジャンルでの優秀賞が選出される。

美術館に展示される芸術作品とは対照的に、こちらは人間の身体をキャンバスにしたコンテンポラリーアートだ。もちろん、雨が降れば絵の具はにじむし、汗でもペイントが落ちてしまう。絶えず変化する状況に合わせて顔料や配色を選び、エキセントリックな作品に仕上げていく。

もはや、ここまでくると異次元過ぎて理解不能?でも、これが最先端ボディペインティングであることは間違いない。

 Reference:Mirror Online
Licensed material used with permission by World Bodypainting Festival

関連記事リンク(外部サイト)

板チョコ1枚に850リットル!?食品生産の裏で「大量の水」が使われている・・・
【間違い探し】あなたは、この10秒に起きた変化に気づけますか?Vol.2
熊本の幼稚園が、世界中で絶賛されるワケ。「雨水」が建物の中に入ってくる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP