ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実験動物が「初めて空を見る瞬間」。その表情に涙が止まらない(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

animal-for-experiments150718262

この映像は、2011年9月に38頭の動物実験用のサルたちがその役目を終えて開放される瞬間を捉えた映像です。
英「デイリー・メール」紙によれば、彼らは30年前にアフリカのジャングルから実験のために連れて来られました。彼らを購入した企業の目的は、HIVウイルスのワクチンを開発すること。

檻の中で生まれたサルも含め、これまで一度も空を見たことがありませんでしたが、実験を行っていた企業がプロジェクトの終了を決めたことで自由の身に。仲間とともにおそるおそる扉の外へ出ていく様子や空を仰ぐ表情には、胸が締め付けられます。

Reference:EVOLVE Campaigns

Reference:Viral Videos

HIVウイルスを注射されたサルは、言わずもがな陽性に。ですが、末期まで症状が進行したチンパンジーは存在しなかったそうです。実験は失敗でした。

実験を行った企業は50〜60歳までは生きられるであろうサルたちの余生を安全で快適なものにすることを保証。サルたちをサファリパーク内にある屋内のシェルターへと移動させていました。しかし、2004年にはその場所も債務返済を理由に閉鎖。彼らは再度ケージの中で数年を過ごすことになりました。

この度、彼らが開放されたのはオーストリア・ウィーン郊外にある閉鎖されたサファリパーク。環境保護団体や動物愛護団体に所属している活動家、Michael Aufhauser氏が用意した建物です。

これまで鉄格子で区切られていた彼らが、お互いに身を寄せあい、初めて触れる土や風を感じている姿に思わず胸が締め付けられます。Michael Aufhause氏は彼らについてこうコメントしています。

「彼らに残された生活の中、これでいくらかは尊厳や楽しみを感じることができるだろう」

Reference:Daily Mail , EVOLVE Campaigns , Viral Videos

関連記事リンク(外部サイト)

「お年寄り向けの公園」が世界のトレンドに!?すでに全米では50以上も!
Youtubeで彼氏大募集!息子が愛する母のためにプロフィール映像を制作
熊本の幼稚園が、世界中で絶賛されるワケ。「雨水」が建物の中に入ってくる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。