ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

営業マンとして必要な情報収集すべき項目とは?役に立つサイトやツールまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

はじめまして。7月からLIGに入社した、たくです。

前職では20名〜300名規模の企業を対象に、社員研修の新規開拓営業と売上アップ、人事関連のコンサルティング業務を担当しておりました。特に新規のお客様への営業では、3年間で約700社以上の経営者、部長職の方々とお会いさせていただきました。

現在LIGでは広告事業のセールスを担当しているのですが、ここでもご縁を頂いた新規のお客様と毎日お会いさせていただいています。
新規の営業では、初回の商談で「こいつ・・・できる!」と思わせないと自分の名前を覚えてもらえませんよね。

そこで本日は営業職の方向けにクライアントから「こいつ・・・できる!」と思ってもらえるようなビジネス知識を身につけられるサイトやツールをご紹介していきます!

営業マンとして情報収集に役立つサイトやツールまとめ

SPEEDA

http://www.uzabase.com/speeda/

詳細な業界分析情報や市場動向を調べるならこちら。

大手企業や業界の中である程度の地位(業界上位20位くらいまで)にいるクライアントとお会いする際には、ぜひ見ておきたいツール。有料ですが、アウトプットされる市場分析データや海外の現地法人の業績などはどれも見やすいのが特徴です。

また、ビジネス知識としても良質なコンテンツばかりなので、就活生の企業分析や業界分析にもおすすめです。
私も個人的によく利用しており、特にあまり馴染みのない業界のクライアントに訪問する際には読み込むようにしています。

業界動向サーチ

http://gyokai-search.com/

難しい言葉なく業界動向が一目でわかるのがこちら。

毎日3〜5件の新規商談をおこなう方にとって、事前準備の時間を確保することは難しいのではないでしょうか。各業界の現状や今後の動向を天気で表してくれるので、少しの時間さえあれば情報収集ができます。(例えば、「曇りのち晴れ」であれば「先行き明るい」など)

また、製造業や商社などはもちろん110種類以上の業界について企業の業績ランキングや平均利益率なども見やすくまとまっています。商談前にさくっと情報収集したい方におすすめ。

インターネット界隈の事を調べるお

http://takanoridayo.blog.shinobi.jp/

ネット系のクライアントに訪問する前には見ておきたいのがこちら。

実は前職では名古屋勤務だったので、はじめて東京で仕事をしはじめたときはインターネット系の企業の多さにびっくりしました。しかもどこもカタカナだし、造語だから意味もよくわからないし・・・。そんなとき、「地域別IT企業マップ」「会社調査」カテゴリの記事を読むことで、ネット系ベンチャーの情報収集ができました。

例えば、ネット系ベンチャーの集まる恵比寿のクライアントに訪問する際には恵比寿のIT企業マップを事前に読んでおきます。
すると、訪問した際に「恵比寿だと◯◯さんとか◯◯さんもいらっしゃいますねー」とクライアントに言うことができ、クライアントも「こいつ知ってるな・・・」となるので、商談が盛り上がるかもしれません。

日本M&Aセンター 業界別M&A動向

 http://www.nihon-ma.co.jp/sector/

M&A動向から業界のことを研究するならこちら。

M&Aとはmergers and acquisitions(合併と買収)の略語です。
例えば、昨年再上場を果たしたリクルートさんは、このM&Aを多く実現している企業の一つです。世界進出を狙うリクルートさんですが、国内の社員を海外に送り込み、一から事業を立ち上げるよりも現地で活躍する企業を買った方が早く市場を獲得できます。

2012年には当時世界最大の求人サービスを展開するアメリカのIndeed社を買収し、一気に世界市場に進出しました。

当時のプレスリリースはこちら:

米国Indeed Inc.の株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ – リクルートホールディングス

では、業界動向を調べる際にM&Aデータを調べると何がわかるのか?
それは「企業はどういう事業を欲しているのか?=成長する事業は何なのか?」ということ。

みなさんが訪問するクライアントには既存事業が成功している会社さんが多いと思いますが、どのクライアントも新規事業のアイデアを何にするかで悩んでいます。そんなときの話のネタにもなりますし、業界通っぽくなることもできるので私は個人的に重用しているサイトになります。

日本取引所グループ マーケットニュース

http://www.jpx.co.jp/news/index.html

国内証券取引所にまつわる情報ならこちら。

IPOブームと言われて久しいこの頃ですが、2015年も毎月さまざまな企業が上場を果たしています。
ビジネスマンとして、上場企業を把握しておくことはとても重要です。なぜなら、上場をする企業というのはその業界の中で最も成長をしているからです。

「最近上場する企業はどういう業界が多いのか?」「上場する際の企業規模はどのくらいなのか?」ということを把握できると、クライアントとの会話の濃さも変わってきます。

船井総合研究所 各業界のビジネスモデル


http://www.funaisoken.co.jp/consulting/solution/index.html

中小規模の「儲かる」ビジネスモデルを知っておくならこちら。

中小企業向けコンサルティング業界において不動の地位を誇る船井総合研究所(船井総研)では、各コンサルタントがそれぞれの得意業界を持ち、「売上アップ」や「人材育成」などのコンサルティングを提供しています。
そんな船井総研さんのホームページには、各業界業種別の儲かるビジネスモデルを紹介するページがあります。前職では中小企業のクライアントに伺う機会が多かったので、本当にこのページにはお世話になりました。

特に中小企業の経営者とお話をする際には、ビジネストークができなければ話になりません。なぜならば、中小企業の経営者は自身がトップ営業マンであることが多く、我々営業マンに対しての見る目も厳しいケースが多いからです。
その厳しいハードルを乗り越えるには、自分自身を認めてもらうことが必要です。

そのための知識武装として、クライアントの業界の「勝ち方」を知っておき、経営者と対等に話せるようにしておくことが大事です。

BUSINESS ON DEMAND

http://www.tv-tokyo.co.jp/biz/txbiz.html

経済やビジネスの最新情報やトレンドを知るにはこちら。テレビ東京系列で放送中の経済情報番組をいつでもどこでも見ることができるオンデマンドサービスです。

大企業の部長クラスや中小企業経営者などが好んで見ていると言われる「ワールドビジネスサテライト(通称WBS)」をはじめ、他の放送局のニュース番組とは一線画したコンテンツが魅力です。ビジネス感覚が鋭い部長以上の役職者とお会いする機会の多い方は、日々の習慣としてビジネストレンドを勉強することも大切です。

これまでに紹介してきたサイトやサービスと比べると、こちらは「ビジネス知識の筋トレ」のようなイメージで活用できます。新聞などの活字が苦手な方はこのサービスを活用してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は、WBS出演中の大澤アナウンサーがめちゃめちゃタイプです。

まとめ

いかがでしたか?
営業として収集すべき情報は多岐にわたります。
「いかに効率的に情報を収集するか」も大切ですが、「いかに多くの情報を収集するか」がより大切なことだと私は思っています。なぜなら、「情報」こそが営業にとっての武器だからです。

クライアントは営業である我々をいろいろな情報源として信頼してくれています。ですから、普段はあまり知らない業界のこともアンテナを張りながら、自分の「情報の引き出し」を増やしておきましょう!

それでは。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP