ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新たなブームに!?地元の人の手作り料理をテイクアウトできるサービスが米国で拡大中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソーシャルテイクアウトプラットフォーム「Josephine」欧米では、近年、モノや時間、スキルなど、余剰リソースをユーザー同士が融通し合う「シェアリング・エコノミー(共有経済)」が急速に広がっている。

一般家庭に招き、家庭料理をともに楽しむ“ソーシャルダイニング”もそのひとつ。

料理を家庭で振る舞いたい人と食べたい人をつなぐ「Feastly」、「Eatwith」、「Gnammo」は、その代表的なP2P型オンラインプラットフォームだ。

・ソーシャルダイニングを発展させた“ソーシャルテイクアウト”とは

「Josephine(ジョセフィン)」は、ソーシャルダイニングの発展形ともいえるサービス。

他人の家庭で食事をともにするソーシャルダイニングと異なり、手づくりの家庭料理を、自宅などに持ち帰って楽しめる、いわば、“ソーシャル・テイクアウト”の方式を採用している。

Josephineで販売されているメニューJosephineでは、プロアマ問わず、Josephineによる事前の審査に合格し、カリフォルニア州の食品衛生許可証を取得した“Cook(コック)”のみが、料理を販売できる仕組み。

地元のCookたちが腕によりをかけてつくるメニューは、サラダやスープ、パスタ、ピザから、ケバブ、カレー、麻婆豆腐まで、実に多彩だ。

一般ユーザーは、各メニューの内容と販売スケジュールをJosephineのウェブサイトで閲覧でき、オンラインで予約注文したら、指定された引き渡し場所に出向いて、料理を受け取る流れとなっている。

・地元でつくられた家庭料理を自宅で手軽に楽しめる

Josephineは、自宅で食事の準備をする時間のない多忙なときでも、手づくりの家庭料理を、地元で手軽に購入できるのが魅力。

従来のデリカテッセン(惣菜店)やファストフードチェーンに加え、オルタナティブなテイクアウトフードとして、新たなブームとなりそうだ。

現在、Josephineを利用できるのは、カリフォルニア州のオークランド、バークレー、アルバニー(Albany)の3都市に限られているが、今後、さらにエリアを拡大していく方針。

Josephine

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。