ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海山のレジャーシーズン到来 事故死の確率高いのはどちらか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏は海や山のレジャーシーズンだが、毎年、水難や遭難の痛ましい事故がニュースをにぎわす。では、海と山ではどちらが危険なのか。

 警察庁の「平成26年中における水難の概況」によると、2014年中の海の事故による死者・行方不明者は351人。同庁の「平成26年中における山岳遭難の概況」によると、2014年中の山岳遭難事故による死者は311人である。

 わずかに海のほうが危険ということになるが、海のレジャー人口のほうが山のそれより多いので、実際は同程度と考えられる。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
北アルプス・穂高岳山荘男性「スーツに革靴の登山者を見た」
高齢者ドライバー79.3%が運転に不安 加害最小限へのニーズ
高齢者が交通事故を引き起こす確率 実際には決して高くない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP