ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガン・HIV・糖尿病など。あらゆる難病を治す奇跡の薬草医「Dr.Sebi」って、本物?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病を完治させた、と言われている。本当にそんなことがありえるのだろうか?

しかも、彼がこれまでに治したと言われている病気は、糖尿病・性病・双極性障がい・鬱病・ADHD・逆流性食道炎・薬物中毒など多岐にわたる。さらに、彼の治療を受けた著名人も少なくないというから驚きだ。

「マイケル・ジャクソン」に、TLCのメンバー「レフト・アイ」、バスケットボールプレイヤーの「マジック・ジョンソン」、俳優の「スティーヴン・セガール」「ジョン・トラボルタ」「エディ・マーフィ」などなど…、あくまで彼がインタビューで語った内容ではあるが、これまでに多くの人物が彼の元を尋ね、治療を受けたという。

誇大広告で告訴されるも
70人の証人を呼び「無罪」に

では本人の経歴はどうなっているのか。1988年に遡ると、彼は「どんな病気でも治せる」と新聞広告を出したことを理由に告訴されている。やっぱり偽物じゃないか!とも思うが、その裁判の内容には驚いてしまう。

彼は法廷でそれぞれの病気ごとに証人を立てるよう要求されたが、その結果70人もの人を集め、複数の患者を完治させていることが証明され、裁判所側も無罪判決せざるを得ない状況にしてしまったそうだ。

つまり、彼は広告を出す以前から多くの人々に知られた存在だった。ただ、そんな治療法が本当にあるとは到底思えないのだが…。

ハーブ・野菜・フルーツで
AIDSも治る!?

1988年当時の「The New York Amsterdam News」の記事や、動画に含まれているCBSの報道の中で彼はこんなコメントを残している。

「化学物質なんて要らない。細胞を浄化することでどんな病気だって治せる。ハーブを調合したものや新鮮なフルーツ、野菜などを用いたアルカリ性の食事療法で、細胞の増殖を抑えて新しい細胞を増やす。そうすることで自然治癒力を高めることができる」

信じられないことだが、CBSによれば彼は実際に1993年にもAIDS患者の治療を行い、2ヵ月程で完治させているという。

ホンジュラスに治療村を持つDr.Sebiについて、動画ではTLCの「レフト・アイ」本人が治療を受けた時の体験を語っている。生まれ変わったかのように短期間で症状が改善したそうで、彼の存在を世に広めようと活動を行っていたようだ。

彼の治療村についてはホームページでも確認することができる。その信憑性は定かではないが、インターネット上には彼の医療の非科学的な要素を批判する意見や、その反対に実際に彼の製品を使った後に糖尿病が治ったとコメントしている人もいる。

Licensed material used with permission by soulspot

関連記事リンク(外部サイト)

世界初とWHOが認定!キューバが「HIV・梅毒」の母子感染撲滅に成功
誕生月によって、かかりやすい病気はこんなにも違った・・・
なぜ、フランスの子供は「ADHD発症率」が圧倒的に低いのか

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP