ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

四川省の伝統に「優しさ」が付加された珠玉の麻婆豆腐 / 源烹輪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

四川麻婆豆腐
980円

中華を代表する料理といえば麻婆豆腐だ。歴史としては四川省成都の『陳麻婆豆腐』の女将が発案した料理といわれており、いまでも成都や東京に店舗が存在する。

・優しい四川の麻婆豆腐
そのテイストは非常にワイルドで、唐辛子と花椒の強烈な刺激が食欲をそそらせる。人によっては痛いと感じるほどの刺激で、それがまたご飯にバッチリなのだ。しかし、もっと優しい四川の麻婆豆腐を体験したいなら『源烹輪』に行くことを強く推奨する。

・正体不明の「優しさ」を放つ食材
伝統ある四川省の麻婆豆腐レシピを基本とし、シェフの徹底した努力とレシピから得た「優しさ」がそこにある。

実際に食べればわかるが、なんとも不思議。辛さが強いのに、それが痛みにならず、非常に心地よい。そう、正体不明の「優しさ」を放つ食材があるのだ。

・濃厚な麻婆豆腐に仕上がっている
おそらく油と肉から生じる旨味が、絶妙なバランスでスパイスの鋭さを無効化し、「旨味としての辛さ」だけを残しているのだろう。

ただし、優しくすることによって味を失うことはない。まったり、こってり、だけど爽やかな後味になるように具だくさんで、濃厚な麻婆豆腐に仕上がっている。

・行く価値のあるお店
大きめにきられた豆腐が、ときおりプレーンな大豆の美味しさで辛さを調和する。ここまで優しくありながら、四川省の麻婆豆腐の風味を生かしているとは恐れ入る。麻婆豆腐が好きな人は、行く価値のあるお店といえるだろう。

・接客も気持ちよかった
ハキハキしたシェフと女性スタッフの接客も気持ちよかった。家族連れやカップルなど、客に地域住民が多いのも理解できる味と接客である。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/08/18/genporin/

源烹輪
住所: 東京都中野区上鷺宮4-16-10
時間: 12:00~14:00 17:00~22:00
休日: 無休
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13005640/

東京メインディッシュ
東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP