体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルコールランプでイカを炙る! ウワサの理系バー「INCUBATOR」に潜入してみた

f:id:naruse_e:20150717132610j:plain

思い返せば、ずっと文系だった。

学校のテストで成績が良かったのは現代国語だけ。センター試験の数Ⅱでは100点満点中20点しか取れなかった。

そして選んだ職場は文系ド真ん中の出版社。幼いころは、宇宙や生命の神秘に胸ときめかせていたはずなのに……なんでこうなった。

そんな文系の筆者にも楽しめる「理系バー」が人気だという。その名は「science bar INCUBATOR」。

酒は好きだが理系はからっきしの筆者は本当に楽しめるのだろうか? さっそく訪問してみた。

f:id:naruse_e:20150717132644j:plain

そぼ降る雨の中、四谷三丁目駅を出て、大人の飲み屋街・荒木町を歩く。途中、着流し姿でギターを背負った「流し」のおじさんを目撃した。

f:id:naruse_e:20150717132657j:plain

具合の良さそうな居酒屋が並ぶ中、カチッと硬質な看板を発見!

f:id:naruse_e:20150717141940j:plain

店頭に出ているお品書き。ビール650円、ワイン750円……遺伝子占い2,000円!? 

よく見ると三角フラスコも描かれている。では、さっそく入店してみよう。

いざ、入店!

f:id:naruse_e:20150717142825j:plain

 店内に足を踏み入れてみる。一見すると普通の雰囲気の良いバー。しかし、店のそこかしこに理系的なアイテムが散りばめられていることがすぐわかる。

バーカウンターにはアルコールランプがズラリ。

f:id:naruse_e:20150717142850j:plain

カウンターには自由に使っていいリトマス紙。酸性かアルカリ性かを判定するアレだ。

f:id:naruse_e:20150717142919j:plain

この人が「INCUBATOR」の店主、野村卓史さん。もともとは生物化学を専門とする研究者で、医療機器や治療法などの研究を行っていた人物だ。

飲食店の経験は皆無だったが、お酒好きが高じて「勢い」で2014年3月にこの店をオープンしたのだという。

「理系の研究者たちが酒の席でする話って、すごく面白いんですよ。それをコンテンツとして提供する場を作りたかった」と話す野村さん。

理系トークもアルコールランプもリトマス紙も、全部が理系コンテンツ。つまり、ここはお酒と理系コンテンツを楽しむための店なのだ。

店内では、理系研究者たちによるトークイベントなども開催されている。

f:id:naruse_e:20150717143000j:plain

まずは喉を潤す一杯。小手調べの生ビール(プレミアムモルツ中 650円)はビーカーで登場。内容量が一目でわかる!

お通しのクルミは、遠心分離機で使う沈殿管(ちんでんかん)に入っているという手の込み用だ。

f:id:naruse_e:20150717143032j:plain

カウンターで一際存在感を放つのが、店が主催する「ピペット操作コンテスト」のトロフィー。

研究で使う機械式ピペットを駆使して、5mlの水を正確に何秒でビーカーからビーカーへ移せるかを競う。

ちゃんとプロの部とアマチュアの部に分かれているのがミソ。トロフィーは野村さんの自作だ。

1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。