ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅作家とまこのヨーロッパ旅 −飛行機がナイスチョイスだったワケ−

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TRiPORTライターの八木彩香です! 今回は「おしゃれ」と「バックパッカー」という水と油と言っても過言ではない関係の2つを見事に融合し、「おしゃれパッカー」として世界を回る旅作家のとまこさんにインタビュー。1ヶ月にわたるヨーロッパの旅について、様々な切り口から話をお伺いしました。

−ヨーロッパの旅をはじめるにあたって、まず日本からどこへ向かいましたか?
まずは成田空港からターキッシュエアラインズで、トルコのイスタンブールへ向かいました。わたし、飛行機大好きなんですよ(笑)。窓から夕日を見下ろしたときなんて最高ですよね。飛行機は移動手段として好きというよりは、一つのエンターテインメントとして好きなんです。

−今回のターキッシュエアラインズも楽しめましたか?
もちろん! 特に印象的だったのは機内食です。わたしは機内食というものを、おそらく数百回と食べていると思うのですが、はじめて完食しました(笑)。いつもは降りてから食べたいものがあるので、機内では控えめにしてるんです…。でもターキッシュエアラインズの機内食は地上でも食べたくなるほどのおいしさで! ターキッシュエアラインズレストランがあったらわたし、行きます(笑)。

−(笑)。特に何がおいしかったんですか?
まずチキンの柔らかさが違いました。味付けもエキゾチックで深みがあるんだけど、鼻につかない感じ。全部で5回機内食があったのですが、一度も同じメニューは出ないし、ドレッシングまで毎回違いました。付け合わせのパンも「え、これ機内でどうやって仕上げてるの?」って思うくらい、外はパリパリ、中はふんわりとした食感で…。なかでもキョフテというトルコ風ハンバーグは絶品でしたね。

−他に印象に残っていることはありますか?
他にはスタッフの対応の良さを感じました。機内スタッフはフレンドリーなんですが、いい距離感を保ってくれて、うっとおしい感じではない心地よさがありましたね。機内食を選ぶときも「ナーイスチョイス!」って感じで話しかけてくれて(笑)。シェフが機内まで顔を出して、挨拶をしていたのも印象的でした。

他にも、アメニティーグッズが豊富でしたね! アイマスク、耳栓、歯磨きセット、スリッパまでは基本的なもので、あると嬉しいんですが、それに加えて靴下とリップバームも付いてるんです! 機内は乾燥するのでたまに「リップ持ってくればよかった」と、乗ってから後悔することがあるので、すごく気がきくなと感動しました。

旅の序盤からターキッシュエアラインズで感動したとまこさん。これは今後の旅が楽しくなりそうな予感!?

(取材・文:八木彩香)
(写真提供:とまこ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP